スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ旅行⑥

今日で、ドイツ中世の古都ドレスデンをあとにします。

DSCN3355_convert_20130612044258.jpg
DSCN3328_convert_20130612044000.jpg
DSCN3363_convert_20130612044643.jpg
どこを撮っても絵葉書になる素晴らしい芸術と文化の街でした。

DSCN3351_convert_20130612044113.jpg
ドイツのポストはこの様に真っ黄色。ホテル横のポストが可愛く目立っていたのでついパシャリ

今日の行き先はポツダム。ドレスデン駅で朝食にソーセージを挟んだパンとコーヒーを食べました。もう随分日本食食べていないです。白いご飯が恋しくなってきました。



特急列車で約2時間。
DSCN3393_convert_20130612093017.jpg
ポツダム中央駅。

DSCN3392_convert_20130612092919.jpg
駅構内のアイスクリーム屋さんでマンゴー味のアイスを食べました。

DSCN3396_convert_20130612093141.jpg
駅からホテルまで、20分歩きます。

DSCN3397_convert_20130612093234.jpg
これはポツダム映画博物館。

DSCN3400_convert_20130612093315.jpg
信号待ちをしていたら、向こう側に可愛い集団が並んでいます。


ポツダムと言えば「ポツダム宣言」が有名です。ポツダム会談の舞台はツェツィーリエンホーフ宮殿という所で今現在も会談の行われた部屋が保存されているそうです。今回はそこへは行きませんでした。


ポツダムでの私達のお目当ては、「サンスーシ宮殿」です。

DSCN3403_convert_20130613091227.jpg
プロイセン王国のフリードリヒ2世が夏の宮殿として建てたロココ様式の豪華なもの。
宮殿に上がるまで一面のぶどう棚が有り、壮観です。

DSCN3410_convert_20130612093619.jpg
宮殿の入場は入場時間が区切られていて、私達は1時間半待ちでした。その間園内の幾つかの離宮を回ることにしました。

DSCN3423_convert_20130612094025.jpg
王と愛犬の墓にはジャガイモが添えられています。王が寒冷で痩せた土地でも育つジャガイモの栽培に力をいれたからということだそうです。興味深いお供え物です。

DSCN3412_convert_20130612093704.jpg
「オランジェリー(温室)」

DSCN3415_convert_20130612093746.jpg
「新宮殿」入口は工事中です。今回ドイツ中、どこもかしこも工事だらけでビックリ。地元の人によれば、いつまで経っても終わらないのだそうです。

DSCN3422_convert_20130612093931.jpg
中国の磁器を集めた「中国茶館」

DSCN3419_convert_20130612093834.jpg
この園内は端迄2.5kmもあり、サンスーシ宮殿に戻るのに入場時間ギリギリとなってしまいました。

宮殿内の見学はやはり日本語にオーディオがあり、各部屋詳しい説明がありました。

宮殿の見学が終わった頃には、もう夕方。雨が降り始めました。
ポツダムのメインストリートでレストランを見つけ、落ち着きました。

DSCN3426_convert_20130612094147.jpg
今日はホワイトアスパラガスのスープにしました。これでホワイトアスパラは何回目かしら?

DSCN3428_convert_20130612094232.jpg
ポークソテーとパスタで夕食としました。
優しいクラッシック音楽の流れる感じの良いお店でした。


旅もだんだん終盤に向かいます。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。