スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Resendeの墓地

Resendeの町を流れるパライバ川も本来の深い緑色(写真だとまだ少し茶色っぽいですね)になってきました。雨期のパライバ川は、雨の為川底の砂が混じって、茶色の濁流のような色をしていました。
来月でResende に来て早一年になります。月日が流れるのが速かったのか、遅かったのか。あっという間だったようにも思えますし、またいろいろな新しい体験をし多くの人と知り合いになって随分ここに暮らしたかのようにも思えます。この期間に多くの旅行もしました。こんなに短期間であちこち観光したのは初めてです。旅行好きの私にとっては本当に幸せな事です。

DSCN3134_convert_20130509000948.jpg

セントロの店先はすっかり秋冬物のラインナップです。

DSCN3127_convert_20130509001528.jpg

DSCN3133_convert_20130509001119.jpg

DSCN3131_convert_20130509001302.jpg
フェルト地のパンプス。勿論ビーチサンダルは一年中売っています。
DSCN3124_convert_20130509001815.jpg
相変わらず人気のクジ売り場です。

日中陽が射せば暖かいので、道行く人の服装は様々です。セーターや上着を着ている人がいるかと思えば、すれ違う人はTシャツにビーチサンダルだったり。服装観察もなかなか面白いです。
また今は乾期のため空気が実に爽やかで、歩いていて本当に気持ちが良いです。

ところで、町の中に葬儀屋さんはよく目につくのですが、墓地は何処にあるのでしょうか?
聞いて見たら、旧セントロの教会の裏手の坂道の途中にあるそうです。
暫く坂を登って行くと右手にResende の墓地がありました。

DSCN2979_convert_20130504211910.jpg
DSCN2982_convert_20130504212004.jpg
DSCN2980_convert_20130504212044.jpg
ブラジルは土葬なので一区画は棺の大きさです。墓地に所狭しと並んでいます。中には、随分大きな区画のものもあります。
綺麗に掃除されている墓もあれば、もう無縁仏になったかのような壊れかけた墓もありました。
ブラジルのお盆は11月2日なので、この日には多くの家族がお墓参りに訪れることでしょう。


ブラジルに来て1年近く経ちますがポルトガル語があまり上達しないのが残念です。単に私の努力不足で反省する事しきりです。
ただ、体調を崩す事も無く、多くの人に助けられながら暮していることに感謝します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。