スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Resende近況

ここブラジルでは3月20日から秋になりました。一応、雨期のシーズンは終わりに近づいていますがまだまだ曇りの天気が多く、夕方から夜にかけ雷は鳴らないものの雨がよく降っています。地元の方によると、このように雨が多いことは珍しいとの事です。 気温は朝晩少し涼しくなってきました。

そんな中、珍しく晴れて暑くなった今日、Resendeの美術館で「フィンランド展」を開催しているという事で、友人と鑑賞して来ました。

DSCN2712_convert_20130413042924.jpg
Resende美術館(Museu de Arte Moderna de Resende)は、昔セントロがあった旧市街にあります。

DSCN2713_convert_20130413042953.jpg
美術館と言っても、本当にこじんまりした建物で知らないと通り過ぎてしまうような小さな美術館です。入り口も普通の家庭用ドア位のサイズです。

DSCN2714_convert_20130413042849.jpg
今回、ペネドに在住していたフィンランド女性Eila(2008年没)さんの織物と絵画の展示会でした。
私達の他にお客さんがいなかったので、館長さん直々にそれぞれの作品を丁寧に説明してくださいました。
素朴な温かみのある作品展でした。
この展示会は5/10までやっていますので、興味が有りましたら覗いてみてください。
入場料無料です。

この界隈はResendeの昔の面影を残した雰囲気の建物も多く、しばし散策を楽しみました。

DSCN2694_convert_20130413043509.jpg
カラフルに彩られた壁。石畳道。

DSCN2695_convert_20130413043436.jpg
外観が素敵な派手やかなホテル。

DSCN2697_convert_20130413043402.jpg
こちらのホテルは、ブラジル最後の皇帝ドン・ペドロ2世の長女イザベルがResende訪問の際泊まった19世紀に建設されたホテルです。イザベルは、ブラジル奴隷廃止令を署名した人です。

DSCN2700_convert_20130413043229.jpg
日曜日には多くの人が礼拝に訪れる教会です。

DSCN2703_convert_20130413043126.jpg

DSCN2701_convert_20130413043158.jpg
綺麗なステンドグラスの画が陽の光で鮮やかに浮き上がります。

DSCN2699_convert_20130413043303.jpg
思わず日本の公園かと思ってしまった。時間帯のせいか子供は誰も遊んでいませんでした。

DSCN2710_convert_20130413043052.jpg
フリーメイソンの建物。シンボルマークの「コンパスと定規」が上部にあります。

DSCN2696_convert_20130413133758.jpg
市議会の建物。建設された1962年当時はResendeで一番高かったそうです。

Resendeにはまだまだ素敵な見所がありそうです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。