スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントス (1日目)

3連休を利用してサントス観光をしてきました。

サンパウロから車で約1時間。ここは1908年日本からブラジルへの最初の移民船「笠戸丸」が到着した日本移民にとって大変感慨深い港町です。

DSCN2555_convert_20130402081355.jpg

まず訪れた所は 「Bolsa Oficial de Cafe (旧コーヒー取引所)」です。
1922年から出荷用のブラジル中のコーヒーが選別され、取引をここで行っていました。現在は博物館として公開されています。入り口の所でロッカーに荷物を預けて見学します。R$5

DSCN2558_convert_20130402081443.jpg
1番の注目は競り会場天井の美しいステンドグラス。

DSCN2566_convert_20130402081547.jpg
入口には挽きたての珈琲が飲めるカフェがあります。

DSCN2565_convert_20130402081641.jpg
濃いめの珈琲は一杯R$3,5でした。


DSCN2595_convert_20130402081056.jpg
次に訪れた「Monte Serrat ( モンチ セハ)」はケーブルカーに乗って展望台まで登ることが出来ます。R$23

DSCN2582_convert_20130402081156.jpg
展望台からはサントス港やビーチを見下ろすことができます。
日本からの引越荷物はここに着いたのです。あの辺りの倉庫には日本人の船便が今頃もまだ待機しているかもしれません。船便がストのせいでなかなかResendeまで届きません!

DSCN2573_convert_20130402081258.jpg
市内には観光用の路面電車も走っていました。
ビーチではこの路面電車を利用した観光案内所があります。

DSCN2618_convert_20130402080546.jpg
これが「Praia Gonzaga (ゴンザガビーチ)」にある観光案内所で、中に英語も話せる人が色々教えてくれます。一帯地図もポルトガル語版・英語版と揃っています。

DSCN2600_convert_20130402080957.jpg
ビーチ沿いに「Monumento aos Imigrantes(日系移民ブラジル上陸記念碑)」が建っています。このビーチ沿いの公園は世界一長いビーチサイドの公園でギネスに2001年登録されたそうです。沢山のブロンズ像が建っています。

DSCN2607_convert_20130402080821.jpg
遅めのランチは海岸沿いのパエリアの店に来ました。
「Restaurante Vista ao Mar」

DSCN2608_convert_20130403030204.jpg
1番小さい大きさのパエリアでも優に3人前はありました。もうワンサイズ小振りな物も欲しいです。
海老がこれでもかと入っていますが、これを見る限り美的感覚は日本人とは違うように思います。R$200

DSCN2605_convert_20130402080855.jpg
ホテルへの帰り道ビーチ沿いの教会ではキリストのミサが行われていました。今日は「Paixao de Cristo(キリスト受難の日)」。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。