スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ilha Bela イリャベラ ③

州立公園内を横断し、島の東側のビーチへ行くジープツアーに申し込んでみました。

ホテルまでジープで迎えに来てもらい、最初はドイツ人と私達4人でそれでも、なんとなくゆったりしてないねえなんて思いながらいると、まだホテルに寄るようで、「え、後何人乗るの?」 。なんと更に大の大人4人が 乗り込んできました

で結局、私達日本人2人・ドイツ人2人・ブラジル人4人総勢7人+ガイドさんで、結構窮屈な感じでジープに乗り込み出発しました。
実質11時頃から5時頃で、1人R$80(ランチ無し)のツアーです。

DSCN0498_convert_20151001203548.jpg

公園入り口近くで、滝があるというので見学。この写真は滝壺から続く小川です。
DSCN0491_convert_20151001204116.jpg
Penedoのスケールを小さくした可愛らしい滝と、チョロチョロした水流を見る事が出来ました。
ツアーの方が親切に何枚も写真を撮ってくれましたが、日頃見慣れている光景だったのであまり感動出来ず残念。いや寧ろ、私の住んでいる所はかなりいけている自然に恵まれている事を気付かされ、却って良かったのかもしれません。
ただ、今回は行きませんでしたが、島の「Gotoの滝」は写真で見る限り立派な滝の様でした。


東海岸へ島を横断する途中の一番高い所に見晴台があります。靄がかかっていて雲海のようですが、晴れていれば青い海が見えるはずでした。
DSCN0503_convert_20151001203714.jpg
霧で見通しがききませんでしたが、まあこれはこれで幻想的か?

一山越え、ジープでかなりの揺れを感じながら1時間、東側へやってきました。
「Castelhanos」
DSCN0510_convert_20151001203805.jpg
ここで、ランチタイム。
海を見ながら、エビや小魚のフライを軽く食べ、ほんの少し海に入って2時間ほどノンビリ過ごしました。
…と言っても、この時期この島全体には、蚊ではないけれど刺す虫がいて、虫除けを付けていても少し刺されて体のあちこち痒くなって来ます。小さく黒い虫との格闘の2時間となってしまいました
前日購入した虫除け1瓶、この日2人で使い果たしました!
ツアー会社が、ツアー参加に必須の物として「虫除け」を挙げていたのを実感しました。


州立公園を出て、博物館を訪れました。
DSCN0525_convert_20151001203933.jpg
水力発電の模型や、島の歴史、島の周囲 に点在する難破船の説明や模型の展示です。


IlhaBelaの地図を観光案内所で貰うと、主に島の南部に何隻もの難破船名と沈んだ年が書かれています。
「何故
19~20世紀にかけて、この付近は「ブラジルのバミューダトライアングル」と言われ、多くの船が難破したそうです。磁気の影響か呪いのせいか、原因は未だに不明です。
博物館には、難破船の説明パネルも有り、地味ながら私にはなかなか興味深いものでした。

博物館の後ろには、大きな滝(これはかなり高いです!)がありましたが、まだ乾季のせいか水量が少なく迫力は無かったです。

その島付近に沈んでいる難破船を探検するダイビングツアーもあるようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。