スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園開園式

今日は、ブラジル日産基金で建てられたResende市の幼稚園の開園式でした。

この幼稚園は、ResendeのParque das Aguas(水の公園)敷地内の一角に設立された、幼稚園です。
収容人数は約180名、1歳から6歳の幼児の施設です。1〜3歳までは保育園、4〜6歳は幼稚園という区分です。
教室内には、真新しい机と椅子、ゴロゴロカバン、おもちゃや絵本が並んでいます。ついついここに小ちゃな子供達が駆け回っている様子を思い描いてしまいます。勿論トイレは、小人の国のようなかわいいサイズです。
また、各教室にはエアコンも設置されています。

デザインも洒落ていて、食堂のガラスは斜めに棧が入っていたり、カラフルな色の丸い穴が開いていたり…天井は所々開いていて風通しがスムーズで気持ち良さそうですが、風の強い雨の時は中まで雨が吹き込んで来るのでは?とその点は少し心配です。
また、ソーラーシステムを採用しているとの事で、電力もそれでかなり賄えるようです。


DSCN9344_convert_20150321025842.jpg
DSCN9345_convert_20150321030108.jpg



10時からの式典には、ブラジル日産社長・副社長、Resende 市長はじめ、リオデジャネイロ州知事や、リオの日本総領事もお見えになりました。テレビ局やジャーナリストの方も大勢駆け付け、大変華やかな式となりました。
DSCN9354_convert_20150321025744.jpg
リオデジャネイロ州知事のPezaoさん。何と言っても、この方の注目度がダントツナンバーワンでした。

DSCN9356_convert_20150321030005.jpg
大勢の関係者の方々が、嬉しそうに式の参列しています。

DSCN9352_convert_20150321034424.jpg
創立を記念するプレートの除幕式も滞り無く執り行われました。

この幼稚園は市立ですので、全て無償で通えます。

"Resende の将来を担う子ども教育の手助けをする"。
このようなブラジル日産の貢献が、結果的に地元の人方の信頼を得る事に繋がっていくことでしょう。


元気に通うお子さん達の姿をこれから度々目にするのが、今からとても楽しみです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。