スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Buzios (ブジオス) ①

2014年の年越しは、リオ州ブジオスで過ごしました。
自宅Resendeから車で4〜5時間です。高速道路Dutraからリオのニテロイ橋を通過して更に2時間ほどですが、行きは少し渋滞もあって5時間かかりました。
帰りは、ニテロイ橋の渋滞を避け、北側ペトロポリス方面の道路を行き、リオ市を通らず新しい高速道路からDutraへ入る事が出来ました。


" Buzio(s) "とはポルトガル語で " ほら貝 "の意味で、その名の通り地形がほら貝の様に見えます。
DSCN8972_convert_20150110104704.jpg
複雑な海岸線には、大小変化に富んだ20余りのビーチが点在し、毎日違うビーチを楽しむことが出来ます。

以前は田舎の漁村だったブジオスは、フランスの女優「ブリジット・バルドー」が気に入り度々訪れるようになって有名になりました。今では、多くの有名人も訪れるそうです。
DSCN0137_convert_20150110101703.jpg
「Praia do Canto (カントビーチ)」には、彼女の像があります。皆さん(もちろん私も!)彼女の膝の上に腰掛けて記念写真を撮るので、彼女の膝のはツルツル光っています。

このビーチの少し沖合には、「3人の漁師」の像がありますが、遠くから見ると本当に人が網を引いているかの様です。
DSCN8818_convert_20150110101551.jpg
DSCN8819_convert_20150112231751.jpg
干潮時はその像までは、膝くらいの深さで行けますが、満潮になると胸まで海水が増すので一緒に写真を撮るのは難しくなります。


海岸沿いを歩いていると、パン,パン,パン,パン……ずっと続く軽やかな音。見ると、二人の男性がテニスのボレーのようなスポーツをしています。これは何と言うスポーツなのでしょうか?
DSCN8750_convert_20150112231511.jpg
割合い年輩の筋肉質の男性2人は、一方が安定したボールを打つので、相手も良い所に返球します。「す、すごい〜」永遠に続くと思われるくらい、全くミスはありません。
暫く見ていると、「左の彼は、ブラジルチャンピオンよ!」と通りすがりに一人の女性が教えてくれました。そうだったのね〜、納得です

ビーチの砂で作成したお城
DSCN8807_convert_20150113002900.jpg
"お城と一緒に写真を撮る人はR$1です"と書かれた紙の前では製作者の若い男性がいました。昨夜の大雨の後の修復はさぞ大変だったことでしょう。可愛い女の子もニッコリですね!


セントロから各ビーチへの移動は、渋滞している陸路より却って水上タクシーのほうが速そうです。
DSCN0135_convert_20150110101820.jpg
DSCN0133_convert_20150110101945.jpg
セントロから各ビーチへの値段表です。


石畳のセントロは、メインの道路の両側に飲食店と洋装店・土産物屋が並んでいます。
DSCN8811_convert_20150110104109.jpg
DSCN8929_convert_20150110100615.jpg
DSCN8810_convert_20150113031648.jpg
暑い日中より夜の方が人通りが多く、賑わっていました。夜間でも安心してブラブラ出来ます。

食事で注文するのはやっぱり海の物!
「O Barco」
DSCN8757_convert_20150110101109.jpg
口コミサイトトリップアドバイザーに載っていた、割と庶民的なお店。海老料理がダブってしまいました。ロブスターより小エビの方が美味しかったです。

店名は忘れましたが、カントビーチ前の大仏が目印の店。メニューには海鮮・肉料理から寿司もありましたが、私達が行った時は「今、寿司は出来ないです。」と言われてしまいました。トイレの表示も漢字で書いてあってステージもあって面白そうな雰囲気。どんなショーをしているんでしょうか?
DSCN8803_convert_20150110100941.jpg

「Cigalon」
DSCN0132_convert_20150110100805.jpg
ここはフランス料理の店で、店内にはブリジットバルドーの写真が一杯飾ってありました。





年末のこの頃は、ブジオスに寄港の大型客船が数隻沖合に停泊しています。ブジオスを観光して、大晦日はリオのコパカバーナに移動し、あの盛大な花火を見るのでしょう。
DSCN8774_convert_20150106074119.jpg



続きます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。