スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープタウン③ (2014年 年末旅行)

ケープ半島に「ミューゼンバーグ」というビーチがあります。ここは鮫が出てとても危険なので最近画期的なシステムを開発したと、ガイドさん。画期的? 一体どんな装置が?
DSCN0437_convert_20150110011544.jpg

ビーチを見下ろす高台から男性が一人、双眼鏡で覗いている。
DSCN0439_convert_20150110011421.jpg
……そうでしょう、そうでしょう。そんな事だと思った。
彼が一帯を監視して、鮫がいたらビーチに知らせる…それで大丈夫なのでしょうか?極めて原始的な方法。彼がしっかり見張って、鮫の被害がどうか出ませんように…。


昨日雨で通過した「ボルダーズビーチ」は、ペンギンの生息地で有名です。
いるわいるわ〜、ペンギンが!
DSCN0454_convert_20150110011137.jpg

DSC_0234_convert_20150111033309.jpg

DSC_0227_convert_20150110010932.jpg
入り口から海岸に沿って見学用の木製通路がずっと続いています。日向ぼっこしていたり泳いでいたり。こんなに多く生息しているとは思いませんでした。



今日の観光ハイライト「テーブルマウンテン」は、山の頂上がスパッとカットされたように平らで、テーブルのようなのでこのように呼ばれます。
DSCN0512_convert_20150110013202.jpg

クリスマス休暇の上、天気も良いので観光客がどっと押し寄せて、ロープウェイは3時間待ちの列が続いています。事前乗車券も当日券もさして変わらないように見受けられました。行列の写真に写っている赤い屋根四角形の物は、以前使用していたロープウェイの展示物です。
ここのロープウェイは現在丸型で、車内の床が終点へ行くまでちょうど一回転ぐるりと回ります。どこから乗ってもみんな公平に景色を楽しめるように配慮されています。
DSCN0473_convert_20150110012019.jpg
DSCN0474_convert_20150112215205.jpg



テーブルマウンテンの頂上は1000mで、風も強いし気温もぐっと下がります。見晴台からは、ケープタウン市内・マンデラ氏が収容されていたロベン島・ワールドカップの行われたスタジアム・ライオンズヘッドやシグナルヒルがよく見渡せます。
DSC_0265_convert_20150110030216.jpg

「ロックハイラックス」という動物はここでよく見られます。
DSCN0485_convert_20150110012336.jpg


その後、ケープタウンの中心地を車で回りました。
「マレー・クォーター」
DSC_0286_convert_20150110045551.jpg
オランダ統治時代に奴隷としてやってきたマレー人の子孫が住んでいるエリア。カラフルな家が立ち並んでいます。以前は規制があったのですが、今ではこの地区に誰でも居住することができるそうです。

「ロングストリート」
DSC_0316_convert_20150110013719.jpg
観光客の多いメインストリート。右角はアフリカンレストラン「ママ・アフリカ」。

「カンパニーズガーデン」
DSC_0284_convert_20150110051943.jpg
公園・図書館・博物館などがある広い公園。露店が通りに並んでいます。


夕食を食べがてらの散策に毎日ウォーターフロントへ出かけていました。
明日はとうとう最終日です。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。