スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケープタウン① (2014年 年末旅行)

ビクトリアフォールズ空港を後に、ヨハネスブルグ経由ケープタウンへのフライトです。これで、南アフリカ2回目の入国。

ケープタウンに着いたのは午後の7時。空港で今回初めて「南アフリカランド」に両替。今迄はUS$とカード払いで済んでいました。
1ランド=約10円なので円換算は簡単です。
DSCN0072_convert_20150110015309.jpg
紙幣には、ネルソンマンデラ氏が印刷されています。

空港から市内のホテルへは車で20分ほどの距離です。快適で近代的な高速道を右ハンドル左側走行で気持ち良く走っていきます。そう言えば、ジンバブエもボツワナも日本と同じ、右ハンドルでした。
南アフリカの言語は11有るというのですが、道路標識は全て英語で表記されています。

ケープタウンは、南アフリカの立法府があり、また多くの観光客を魅了する観光都市でもあります。
17世紀オランダ東インド会社の船舶の補給基地として栄え、ヨーロッパからの入植者が増えていったケープタウンは、南アフリカ発祥の地として「マザーシティ」とも呼ばれています。

これから3泊するホテルは、ケープタウンのウォーターフロント地区の「The Commodore Hotel」です。
ケープタウンでも1番治安の良いウォーターフロント地区中心部のショッピングセンターまで、通り一本の足場の良いホテル。コストパフォーマンスは非常に高いです。
DSCN0403_convert_20150109004922.jpg


早速夕食を兼ねて、ショッピングセンターへ出掛けました。
お洒落で大きなショッピングセンター、夜景に輝く観覧車(回転速度は日本よりかなり早目です!)、デコレーションされたクリスマスツリー、広場では中央でマジックを披露している男性。アフリカにいることをすっかり忘れてしまうほど、私の想像してたイメージとはまるで違うものでした。
DSCN0399_convert_20150109004140.jpg

広いモール内にはアフリカ土産の店の他、世界のブランド物のショップやお洒落なレストランがずらりと軒を並べています。
DSCN0391_convert_20150109004447.jpg

モール内のスーパーマーケット「Pick n Pay」は南アフリカに全国展開するチェーンです。広い店内に充実した品揃えで見ているだけでも楽しい。
DSCN0397_convert_20150109004548.jpg

DSCN0394_convert_20150109004814.jpg

DSCN0396_convert_20150112213854.jpg





明日は、地理や歴史の教科書に載っている「喜望峰」を訪問します。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。