スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Resende 近況

ブラジルは、10月19日(日曜日)から来年2月22日(日曜日)まで夏時間となりました。
時計の針を1時間進め、暫く朝、少し眠い思いをしながら体を慣らしていきます。毎年恒例の事でブラジルの方からしたら別にどうという事でも無いのでしょうが、なんの混乱も無くすんなりと夏時間に入る事に私は、少なからず毎年感心しています。(但し、ブラジルの州のよって夏時間を実施しない所もあります。)

暦の上で季節は夏となりましたが、暑い日もあれば肌寒い日も有りで、この頃気候が一定しません。先月辺り、「もう厚めの布団は必要無いから片付けましょう!これから暑い毎日が続くのねえ。」などと言っていたのに、また最近は布団を出さないと風邪を引いてしまうほどの涼しい日もあるのです。まだまだすっかりと冬秋物はしまえそうにありません。
10月に入ると店先ではクリスマス用品が並ぶようになります。10月31日はハロウィンがあるので途中ディスプレイをアレンジしながら、年末まで私達は、賑やかな飾り付けを楽しむことが出来ます。

DSCN8614_convert_20141027201730.jpg


Resendeに滞在して早2年半弱が過ぎました。こちらに来た当初、「リオ州の片田舎。長閑な自然に囲まれた治安の良い町。」という印象を私は受けました。しかし最近、ここResende も少し物騒になってきました。
2012年頃のResende の人口は12万人だったのに対し、今は20万人に増加していると習っているポルトガル語の先生が仰っていました。新しいマンションも建築されていますし、地価もかなり上昇したそうです。そう言えば、道行く車も増えて、時間帯によっては市内の道路で渋滞している光景も見られます。
先日、白昼のResende 市内のショッピングモールで、ピストルを持った強盗が店を襲い1名を逮捕したものの2名は逃亡する事件が起きました。自宅のすぐ近く、それも日中のことと聞いて驚いてしまいました。幸い怪我人は無かったものの、またいつこのような事件が発生するかもしれません。日本とは違い、一般人もピストルを所持できる国ですからやはり怖いです。
Resende は、ファベーラ(スラム)こそ有りませんが、麻薬取引の多い治安の良くない地区もあります。
リオデジャネイロやサンパウロなどの大都会ではありませんが、それでも少しづつResende も変化しています。これから今までと違い、気を引き締めて生活して行かなければいけないのか?と思いながら過ごすこの頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。