スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア・カルタヘナ ②

今日は、船に乗って「ロザリオ諸島」へ行くことにしました。
カルタヘナのホテル前のカリブ海は、何故かあまり綺麗な色ではありません。浜が白くないせいでしょうか。所謂、カリブ海のコバルトブルーを想像してはいけません。カルタヘナの南西方面へ、船で約1時間揺られてロザリオ諸島と言われる付近に行くと、やっと綺麗な海が待っているのです。

DSCN8176_convert_20140816110707.jpg

植民地時代の建物が並ぶ「城壁内の地区」と高層ビルの立ち並ぶ「ボカグランデ地区」、二つのカルタヘナの観光拠点を海から眺めて、コバルトブルーの海へ出発です。生憎とお天気は曇り空。でも港まで送ってくれた運転手さんは、" 大丈夫、これから晴れてきますよ。いつもこんな感じだから安心して! "と嬉しいお言葉。
DSCN8191_convert_20140816111102.jpg


"早く晴れて来ないかしら〜?". ……でもやっぱりいつまでたっても青空は見えてきません。透明度の高い綺麗な海になってきましたが、青い空の下でないとコバルトブルーの色は出ませんね〜。周辺には幾つもの小島がプカプカ浮かんでいて「もしかして個人所有の島かしら?」というような感じの島もありました。私達の乗った船は、ホテルのある島に接岸し、暫しここのビーチで休憩しました。
DSCN8194_convert_20140816111225.jpg

この島では、ダイビング目的に来る人が多かったようです。他にはカヌーやスノーケルなどで遊ぶことが出来ます。
DSCN8207_convert_20140816111357.jpg
ボートでロブスターを売りに来る漁師さん。かなり安い値段で売っていたので主人は本気で買おうか?と考えたそうですが、ここで生のロブスターを買っても…少々困るのでお断りしました。

島内は、ここのホテルの宿泊者(この日はほとんど居ないようでした)と船で寄った私達だけだったので、島はまさに貸切状態でした。
DSCN8196_convert_20140816111548.jpg


ここから少し離れた別の島にある水族館へ、希望者は船で移動します。この水族館は、柵を海上に設けて海をそのまま使用したオープンエアの水族館。イルカのショーの最中、イルカの餌を虎視眈々と狙っているサギの動向が面白く、ついついそちらに注視してしまった…。飼育員さんもよく分かっていて、餌の入ったバケツにはちゃんと中蓋が伏せてあり、そう簡単に横取りされません。が、鳥もさるもの。素早いタイミングでイルカの餌をゲットしていました。ペリカンは上手くいかず諦め顔。
DSCN8227_convert_20140816112141.jpg

DSCN8225_convert_20140816112022.jpg

DSCN8223_convert_20140816112314.jpg

DSCN8240_convert_20140816112427.jpg

DSCN8213_convert_20140816111901.jpg

DSCN8211_convert_20140816111733.jpg
鮫のショーは、なんと言うか、" 餌に食らいつく " 芸(?) 。 確かに迫力はありました。
それほど大々的な水族館ではなく、ショーもあっという間に終わってしまうし展示物も簡単な施設だけです。日本のよく構成された水族館と比べると実に素朴な物ですが、お子さん連れの家族はとても楽しんでいました。
カリブ海でのんびりしたいと考えているなら、水族館の島は除いて、ビーチのある島でゆったりと過ごす事をお勧めします。

先ほどの島に戻ってランチです。ココナツライスと鯛の塩焼き。簡単なものでしたが、さっぱりした味で綺麗に平らげました。
DSCN8251_convert_20140816112529.jpg

DSCN8252_convert_20140816112626.jpg
デザートのcorozoという丸いフルーツは殆ど種みたいであまり食べる所はなかったです。コロンビア原産のビタミンたっぷりのフルーツで、甘露煮・アイス・ジュースなどに使われるそうです。



今日の夕食は、泊まっているホテル内のフレンチレストランで食べました。レストランもお料理もとってもゴージャスな雰囲気でした。
DSCN8260_convert_20140816112750.jpg

DSC_0513_convert_20140816113324.jpg


DSCN8259_convert_20140816112947.jpg


明日は、泥温泉へ行ってきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。