スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア・カルタヘナ ①

カルタヘナは、コロンビア切っての観光地。
カリブ海に面した港町で、「港・要塞・歴史的建造物群」が、ユネスコ世界文化遺産として登録されています。
16世紀よりスペインが植民地支配をしていて、奴隷貿易の中心となっていました。富の集まるこの地を海賊や他国から守るため、強固な要塞が作られ市街地を城壁で囲みました。城壁内には、今も当時のスペイン植民地時代の建物が数多く残っています。


カルタヘナに到着したのは、お昼頃。出発地エクアドルのキトは赤道直下にもかかわらず標高が高いので気温が低く、長袖を着込んだままでカルタヘナの空港に降り立ちましたが、ここは暑い暑い!!
強い陽射しが降り注ぎ、日本の夏を思い出す湿気もあるため、すぐにジトジト身体が汗ばんできました。

カルタヘナのホテルは主に「旧市街の城壁内の地区」と海に面した高層ホテルの建ち並ぶ「ボカグランデ地区」がありますが、この度私達は城壁内に宿を取りました。
ホテルの入り口では、トゥカーノがお出迎えです。
DSCN8078_convert_20140816085025.jpg

荷物を置いて、ランチの店を探しながら早速街を散策です。ホテルで貰ったルートマップを片手に歩いて行きます。
城壁内はそんなに広く無いので、十分端から端まで歩いて行くことが出来ます。
細い通りは、植民地時代の建物が隙間なく並び、花で飾ったバルコニーが華やかさを添えています。絵葉書になるような明るい色彩の旧市街です。
DSCN8134_convert_20140816083613.jpg

DSCN8141_convert_20140816083752.jpg

DSCN8132_convert_20140816085817.jpg

DSCN8128_convert_20140816084015.jpg


中庭のあるこじんまりしたホテルで、ランチをしました。
DSCN8136_convert_20140816084206.jpg
城壁内の建物は皆、間口が狭く、入口の先に素敵な中庭のある空間が広がっています。

今まで、"コロンビアは物騒" というイメージがあったのですが、ここカルタヘナは観光に力を入れていて、特に城壁内は警備もよくされているので治安はとても良いです。夜間もフラフラ歩いていても大丈夫です。

「Las Bovedas ラスボベーダス」
DSCN8149_convert_20140816084541.jpg
黄色の壁が目を引くこの土産物屋の建物は、以前弾薬庫・食料庫として使用されていました。店内は、Tシャツ・民芸品・織物・絵などどの店も似たり寄ったりの土産物が置かれています。

「時計塔」
DSCN8118_convert_20140816084355.jpg
城壁の内と外を繋ぐ表玄関のメインの塔です。

DSCN8125_convert_20140816084716.jpg

通りの名前は、このようなおしゃれなタイルで表示されています。
DSCN8258_convert_20140816084911.jpg

道ゆく人ほとんど観光客。地元の人は手押し車で食べ物を売っていたり、公園でのんびりトランプをしたり…。

夕食は、ホテルのすぐ前の広場に面しているシーフードレストランへ。
DSCN8159_convert_20140816100750.jpg
入り口は小さいですが、中は広くておしゃれな店内です。
セビッチェとパエリアを注文。セビッチェは美味しかったけど、パエリアは少々塩っぽかったかな。

夜広場には、多くの露店があり観光客が大勢集まって、楽しそうです。
DSCN8154_convert_20140816085246.jpg


城壁内では、御者が観光案内をする馬車を楽しむことが出来ます。
特に夜は、石畳に馬のひずめの音が カパッカパッと響き、まるで中世の世界に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。オレンジ色の街灯に照らされて細い道を行く馬車はなんとも幻想的で、夜のカルタヘナの素敵な一場面となっています。
DSCN8166_convert_20140826113036.jpg











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。