スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラパゴスクルーズ3泊4日 ②

エクアドルの首都・キトに前泊し、翌朝早いフライトでガラパゴス諸島へ向かいます。
DSCN7627_convert_20140809222654.jpg
午前中にはガラパゴス諸島の玄関口バルトラ島へ着陸しました。


ランチを船内で取り、午後の観光が早速始まりました。



1日目・午後
「サンタ・クルス島・ハイランド」

島に上陸し、そこからバスで島内部高地のハイランド地区へ向かいます。
ここはゾウガメ保護区となっており、草叢や池に大きなゾウガメがボコッボコッといます。

DSCN7635_convert_20140809223147.jpg
ゾウガメの甲羅がいかに大きいか 大人も甲羅の中に潜ることができるほどです。
説明している人は、ナチュラリストのガイドさん。今回私達は16名1グループで毎日、ガイドさんと一緒に島内を行動しました。ジョークの上手い楽しいガイドさんです。

DSCN7633_convert_20140809223004.jpg
もう気分はゾウガメですね〜!

DSCN7644_convert_20140812024557.jpg
池にもいっぱいいますが、動きが非常に緩慢なので生きているのか心配になるほどです。

DSC_0065_convert_20140809223327.jpg
なんだか年季が入ったお顔をしていますが、若い時からこんな感じなのかな? いやまだお若いのかも?
ゆったり生きていて実に羨ましいです。

またこの島には溶岩トンネルが多く、トンネル内部も歩くことが出来ます。ガラパゴスの島全体、黒い硬い溶岩剥き出しの地面が殆どです。というのは、ガラパゴス諸島は海底火山のマグマが噴火し、溶岩が徐々に盛り上がって出来上がったからです。


船に戻る途中(大型船なので島まではボートで接岸します)、目の前にはペリカンや青足カツオドリなど多くの鳥類が岩場に止まっていました。
DSCN7665_convert_20140813055405.jpg

アシカも大あくびの夕暮れです。
DSCN7651_convert_20140813055214.jpg

ガラパゴスにいると、動物の世界に入り込んでいる"人間"という感覚になります。「ちょっとお邪魔しますね〜」という気持ちで観察しています。



夕食前、ウェルカムカクテルと共に、船長始め乗務員さんから、歓迎の弁と船内やガラパゴス諸島についての案内がありました。
DSCN7683_convert_20140812025001.jpg

ガラパゴスでの初日が終了しました。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。