スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Recife (レシフェ)観光 ちょっとだけ

W杯日本初戦観戦前、少しだけ時間があったので レシフェ近郊をピンポイントで観光しました。

まず、世界遺産に登録されている「オリンダ」へ昼食を食べに行きました。
町の名前の由来は、ポルトガル語で " O, Linda ! (なんと美しい!)"と発せられた言葉からだそうです。

レシフェの空港から車で30分強、途中 ビーチリゾートのボア・ビアジェンを通過し更に北へと向かいます。


石畳の坂を登って行くと、お目当てのレストランの看板が目に入って来ました。

「Oficina do Sabor」
DSCN7102_convert_20140617044059.jpg
アンパーロ教会の脇にある一つドアの小さな入り口に、渋い看板が掛けてあります。
中は広く、この日のお客さんはほとんど日本人で、まるで日本にいるかのような錯覚を起こしました。入り口待合室で待っている間に、揚げたてのコンビーフコロッケやジャガイモコロッケがサービスされましたがとても美味しくて既に満足!

DSCN7111_convert_20140617044213.jpg
このレストランのスペシャルメニューは、「Jerimum」というカボチャをくり抜いた器にシーフードや肉を詰めたシチューが入っている物です。私達は、マンゴークリーム入りロブスターのJerimumを頼みました。マンゴーのフルーティなソースの中にロブスターがゴロゴロと入ってとても美味しかったです
他にココナツ味のも美味しそうでしたが、どれも2人前だったので2種類注文出来ず。

窓の外は雨模様。ガイドブックには、店からの眺めが素晴らしく…と記述がありましたが、この日はイマイチの眺めでした。



オリンダの街の魅力は、カラフルな家々と石畳。そして、丘から眺める景色でしょうか。
DSCN7118_convert_20140618205418.jpg

DSCN7116_convert_20140617044311.jpg
オリンダは、16世紀ポルトガル人が入植し、その後17世紀一時期オランダが占領した歴史を持つ街です。
ポルトガルは贅沢に資金を使ったため教会の塔が2本、対してオランダは節約して1本の塔を持つ教会を建てたということです。写真で左手の教会は塔が2本のポルトガルの教会、右手は塔が1本のオランダの物と区別が出来ます。



レシフェ旧市街の観光は、「Marco Zero (マルコ ゼロ)」というレシフェ発祥の地と「Casa da Cultura(カサ ダ クルトゥーラ)」の2箇所。

「Marco Zero」
DSCN7124_convert_20140617044537.jpg
旧市街レシフェ発祥の地。これは、1500年ポルトガル人がインド航路開拓途中のブラジル発見500年を記念して2000年に作られたようです。


対岸の防波堤には何やら怪しげな塔が建っています。
DSCN7122_convert_20140618213935.jpg
そこは、ブラジルの現代造形家「Francisco Brennand」の公園でした。よく見ると他にも個性的な沢山の作品が見受けられます。
今回時間があったら、彼の美術館「Oficina Ceramica Francisco Brennand」がレシフェにあるので立ち寄りたかったのですが断念しました。


「Casa da Cultura 」
DSCN7129_convert_20140617044634.jpg
上から見ると十字に建っているこの建物は、19世紀植民地時代に監獄として使用され、現在は土産物屋として活用されています。

DSCN7131_convert_20140617044750.jpg
監獄の部屋数だけある民芸店は、布製品・アクセサリー・Tシャツや小物などバラエティーに富んでいて、館内の飾り付けも賑やかにしています。でもやはり過去の暗い面影が残っているような気がしました。

DSCN7133_convert_20140617044906.jpg
当時の姿のまま残っている部屋は、生々しい雰囲気で、今でも囚人がそこにいるかのような気持ちになります。

DSCN7142_convert_20140618220612.jpg
画家本人が営んでいるお店で、額に入った小振りの油絵をレシフェの土産として購入しました。


W杯観戦前の束の間のおまけ観光でしたが、それなりに楽しめました。
今度来る時は観光主体で、ゆっくり回りたいと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。