スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の観光 (広島と山口)

10ヶ月振りに日本へ一時帰国しました。

今回の一時帰国では、新緑の爽やかな季節の中、3泊4日で広島・山口方面へ旅行することも出来ました。
この地方は初めて行く所でしたので、初心者コース、定番中の定番の観光地をのんびりと回って来ました。

新幹線で新横浜から4時間の乗車時間は、ブラジル・日本間のフライトに比べればなんと短いことか!
山頂に雪を抱く富士山が右手を大きく通り過ぎ、日本らしい田園風景が車窓の額縁を彩るのを見ながらうつらうつらするうちに、あっという間に広島駅に到着しました。



1日目
フェリーで宮島に渡り、厳島神社を拝殿。この日の満潮時間を1時間程過ぎていた為、水面が下がっていたのが少し残念でした。やっぱり、厳島神社は水がなみなみと張っている中で訪れるのが雰囲気が出ますね。

DSCN6797_convert_20140529193742.jpg
鮮やかな朱塗りの社殿は、どこを取っても絵になります。写真を撮りあったご夫婦は偶然にもサンパウロからのブラジルの方でした。
それにしても、この宮島の外国人観光客の多い事と言ったら、驚きました。流石世界遺産と言うことなのでしょうか? また修学旅行の生徒さんたちが大勢いらして微笑ましかったです。


「岩惣」宮島温泉
DSCN6808_convert_20140529194518.jpg
宮島で創業1854年の老舗旅館。外国客が1/3は占めていて、仲居さんは英語必須と言う感じでした。純和風のお宿はとてもインターナショナルな所でした。
紅葉谷公園の入り口にあり、紅葉の季節が一番綺麗だそうです。


本日食べた物
「牡蠣の釜飯」
DSCN6775_convert_20140529193451.jpg
広島と言ったら何と言っても「牡蠣!」
ふっくらと大きな牡蠣の釜飯は、ご飯一粒一粒にもしっかり牡蠣のエキスが染み込んでいて、美味しい事、美味しい事 あっという間にお腹に収まってしまいました。

「もみじ饅頭」
DSCN6806_convert_20140529193909.jpg
宮島定番の「もみじ饅頭」。いろんな製造元があり、中身も餡だけでなく抹茶・チョコ・カスタード・チーズなどがあったりとバラエティに富んでいます。道中、温かいもみじ饅頭をお茶のサービスと共に頂きました。



2日目
レンタカーを使い、2時間弱で山口県の秋吉台の観光です。
小学校で習った、日本最大の「カルスト台地」です。


「秋吉台」
DSCN6932_convert_20140529194351.jpg
この台地に広がる石灰岩は、3億5千年前(昔過ぎる〜!)海底のサンゴ礁として誕生。それが後に隆起し現在の景観を作り出しました。緑広がる気持ちの良いドライブウエイとなっています。(この日はお天気がイマイチでした…)


「秋芳洞」
DSCN6914_convert_20140529194236.jpg
秋吉台の地下にあるこの大鍾乳は、観光コース全長1kmの日本屈指のものです。
鍾乳洞の中の景色は様々で写真の「百枚皿」と言われるものも自然の神秘を感じます。これはトルコのパムッカレと少し似ていますね。
30万年もかかって出来た自然芸術の空間は、まるで別世界を散歩しているような気持ちになります。往復同じ道を戻ってくるのですが、意外と見落としている箇所があったり見る角度が違ったりで飽きることはありませんでした。


「松田屋ホテル」 湯田温泉
DSCN6935_convert_20140529194654.jpg
創業300余年、明治維新の志士も集まった歴史ある宿です。
回遊式日本庭園には、西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允が会見した席が今も保存されていたり、倒幕の志士達の密会したと言う貸切風呂「維新の湯」に実際に入浴出来たりと、当時の息吹を感じながら過ごすことが出来ます。泊まった部屋の名が「龍馬」だったのがまた嬉しかったです。
またここ湯田温泉のお湯は、トロンとした肌に纏わりつくようなお湯で、入浴後は肌がツルツルスベスベになります。


本日食べたもの
「ゴボウうどん」
DSCN6900_convert_20140529194020.jpg
カルスト台地が育てたゴボウを練り込んである腰のあるうどんは、ゴボウ風味の少し黒っぽい色。うどんの上にゴボウの天ぷらを乗せてゴボウづくしのメニューです。

「外郎(ういろう)」
DSCN6980_convert_20140529194917.jpg
この蒸し菓子は名古屋名物だと思っていましたが、外郎は他の地方でも名産であるようです。
ここ、山口県の外郎は、主原料がわらび粉で、わらび餅のようなプリンとした食感があります。因みに、名古屋の外郎は米粉で作られておりもっちりとした舌触りです。どちらも大好きですねー




3日目
全長193m、世界的にも稀な木造5連のアーチを持つ錦帯橋は、山口県岩国市の錦川に架かっています。

「錦帯橋」
DSCN6982_convert_20140529195053.jpg
江戸時代初期に創建されたこの橋は、何度か台風などにより流失し、現在の物は平成になって架け替えられた物です。
錦帯橋の姿の美しさから、歌川広重や葛飾北斎、司馬江漢など多くの絵師がこの橋を描いています。


DSCN7014_convert_20140529195337.jpg
技術伝承の為、次回は、橋の完成から20年後の平成33年に架け替えられることが決まっています。
まだ渡れる橋を新しくするのは勿体無いような気もしますが、橋を架ける技を伝える人が居なくなってしまうと困るので仕方ありません。それにしても日本の木造技術は胸を張って世界に誇れますね


「岩国国際観光ホテル」 錦帯橋温泉
錦帯橋のすぐ袂に建っている大型ホテル。
展望露天風呂からは錦帯橋や岩国城が楽しめます。また、温泉棟へ向かう通路は昭和の錦帯橋の解体材を用い、錦帯橋の棟梁によって本物の橋のように仕上げられています。


本日食べたもの
「岩国寿司」
DSCN6994_convert_20140529195214.jpg
岩国名産の蓮根を挟み、椎茸、でんぶ、錦糸卵などで飾った押し寿司です。一人前に四角く切り分けて提供されます。隣には蓮根のさつま揚げが添えられていました。岩国寿司は、さっぱりしたお酢の味でとても美味でした。

「ソフトクリーム」
錦帯橋を渡り、岩国城の城下町に入ると何故かソフトクリーム屋さんが並んでいます。種類が半端なくあって、色鮮やかな100種類のソフトクリームを売っている店もありました。何故ここでソフトクリームなのか、謎です。勿論、試食




4日目
旅行最終日。新幹線の時間もあり、あまり寄り道できず。マストな所を観光。

「原爆ドーム」
IMG_0485_convert_20140530195203.jpg
テレビでしか見たことの無かった原爆ドームは、当時、この建物を保存するか、解体するか議論になったとか。戦争を知らない世代に代々伝える為にも保存という選択をしたことは本当に良かったと思います。

原爆資料館では、原爆投下までの歴史や、被害にあった一般人の生々しい写真や当時の衣類など数多く展示されていました。修学旅行生や外国観光客も多く、英語でも説明されています。
日本の子供達は、学生の時分に一度はここを訪れて自分の国に起こったこの痛ましい歴史を教科書だけではなく、きちんと自分の目で学び、向かい合う必要があると痛感しました。
ずしりと何か思い物が胸に置かれた場所でした。


本日食べたもの
「広島のお好み焼き」
IMG_0496_convert_20140530195254.jpg
最終ランチは、お好み焼きで締めました!
関東の物と違って、広島のお好み焼きは焼きそば主体。また、関東のように具全体をコネコネ混ぜて焼くのではなく、それぞれ鉄板で焼いてから重ねて行くというお好み焼きです。同じお好み焼きと言ってもこれは別の食べ物ですね。
焼きそば一杯、具も一杯でもうお腹ははち切れんばかりとなりました。


海外に駐在していますと、日本の中で生活していると気付かない日本の素晴らしさ発見することが出来ます。
当たり前のように時間通りに来る列車、おもてなしが隅々まで行き届いたホテル、日本の美しい風景や建築物、治安の良さ。(以前よりは治安も悪くなってはいますが、南米とは比べるまでもありません!) また何と言っても、日本語の通じる安心さ
数え上げたらきりがありません。歳を重ねたせいか何気ないことにまで、「日本は暮し易い国。日本人に生まれて良かった。」と感じました。


数日の日本滞在でしたが、十分気持ちをリフレッシュすることが出来ました。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。