スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルナンド ジ ノローニャ④

最終日。
気合いを入れ早起きして、イルカが朝餌を食べに来るという「Baia Golfinhos(ゴルフィーニョ湾)」へ行きました。

黄色のバギータクシーで、風で髪が顔に張り付くのを気にしながら走って行きます。

DSCN6683_convert_20140506033109.jpg


DSCN6684_convert_20140506033233.jpg
開門する6時半から係員が入口に座っています。整備された木製の遊歩道を1km歩いて、Baia Golfinhosへ着きます。遊歩道はずっと草むらのような中に道があるので、展望台に着いて始めて海が見えます。まだ明けきらない空に映る海の色は、昼間の色とは違ってグレーがかった深い青色です。
先客も5,6人いて、カメラを手に海を見つめています。
昨夜、ポサダの人は、" 自然の事だから、必ずイルカが見えるとは限らないですよ。" と念を押されたので、"まあ見えたら運が良かった " くらいの気持ちで、朝の散歩がてら出掛けました。

DSCN6698_convert_20140507023906.jpg

15分くらいで、沖合の海面が部分的に盛り上がりモコモコ動き出すのが見えて来ました。だんだんこちら側に近づいて、そのうちイルカがジャンプしながら20頭くらいの群れで現れました。見ている展望台が高いので、豆のようなイルカでしたが幸運にも遭遇出き、来た甲斐がありました。





最後に、歩いて行ける「Praia do Cachorro」を再び訪れました。

DSCN6712_convert_20140506033434.jpg
初日に来た夕方の時間とは違って、青空の光を受けて明るい緑色の波が押し寄せて来ています。小さいビーチはまるでプライベートビーチのようで、数人の人が贅沢に海を楽しんでいます。



フェルナンド ジ ノローニャは、バギーのレンタルをすればもっと自由に島を動けたかもしれません。

また、「Praia Atalaia(アタライア海岸)」へ行けなかったのが、残念でした。このビーチは予約制で1日100人しか入ることが出来ません。しかも、30分だけ! 水の汚染を防ぐため、日焼け止め・化粧も一切禁止されている厳しい所です。海で足を下ろすことも禁止です。(体にライフジャケットを付けて入ります。)
写真で見ると、海底はサンゴ礁で、透明な海水に魚がいっぱい泳いでいました。日焼け止め禁止は辛いけど、とても興味のある場所でした。





DSCN6721_convert_20140506033553.jpg








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ワールドカップ

サッカーのワールドカップが近づいてきましたが、ブラジルの盛り上がりはすごいのでしょうか。日本でもだんだん話題になってきました。

Re: ワールドカップ

開幕迄2週間に迫ったブラジルW杯です。私の住んでいる町の店先にも応援グッズや関連商品が沢山並んでいます。テレビではW杯の話題も増えてきました。が、一方でW杯に反対するデモへの不安、会場となる競技場やインフラ整備の遅れ、サンパウロの水不足などなど気がかりな情報が山積みの状態です。

勿論、W杯を楽しみにしている人達は大勢いますが、「税金の無駄遣い。もっと国民のために財政をを使うべき!」と言っている人も多数居る事も確かです。

実際、ブラジルチームの試合の日は職場や学校は休みの所が多いですし、何しろサッカー大好きブラジル人ですから始まってしまえば、盛り上がることは間違いないと思います。

世界中が注目している国家的イベントですので、「この期間は国全体で成功させよう!」と言う気持ちになって国民一人一人が協力してW杯を成功させて貰いたいです。

とにかく、大きな事件無く無事にW杯が閉幕するよう願っています。
現状はそのような感じです。

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。