スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島①

イースターの連休があり、チリのサンチアゴ経由でイースター島へ旅行して来ました。

「イースター時期にイースター島!」ってもしかしたら何か特別なイベントでもあるかしら〜?なんて思っていましたが、ガイドブックによると名前の由来は、イースターの日にオランダ人がこの島に辿り着いたので名付けられたということで、この島本来の名前は「Rapa Nui(ラパ ヌイ)」ということです。島自体とイースターの関係はありませんでした。残念!

サンパウロから3時間半でチリのサンチアゴへ飛びます。前回の反省もあり早目に家を出ましたが思いの外、道中順調でサンパウロのグアリューリョス空港でたっぷり3時間も待つことになってしまいました。まあギリギリで慌てるよりはいいかしら?

3時間半フライト時間で軽食が出たり映画を見たりしていたら、あっという間にサンチアゴに到着しました。ここからスペイン語の世界です。
空港内は近代的でとても綺麗で…というか南米どこへ行ってもブラジルのグアリューリョスやリオの空港ほど、薄暗く古い空港は今迄見ないですね〜。もう少し頑張ってブラジルも国際空港の整備をして欲しいです



DSCN6229_convert_20140425071100.jpg
サンチアゴ空港内の店頭では、大きなモアイ像がお客さんをお出迎えしています。やはりイースター島はチリの重要な観光地なのですね。イースター島への気持ちが高まります!

チリペソにまずは両替です。2014年4月現在、US$1=チリペソ540でした。US$100を両替して54000ペソ。なんだか桁が多くてお金持ちになったような感じです。(この後、物の値段が殆ど4桁以上なので両替したペソはドンドン減っていきます)



乗継ぎの便まで6時間近くあるので、次の便のチェックインをして荷物を預けてから昼食も兼ねて市内へ出ることにしました
空港から市内まで、バスや地下鉄が走っているのでとても便利です。まず空港バスで地下鉄に接続する所まで行きます。

DSCN6230_convert_20140425071247.jpg
10分間隔くらいでバスが来ます。切符はバス運転手から直接購入します。片道一人1350ペソ(約250円)。大型の綺麗なバスです。
中央駅まで乗り、地下鉄に乗り換えます。

DSCN6232_convert_20140425071417.jpg
この中央駅の駅舎はパリのエッフェル塔を建築したギュスタブ・エッフェルが設計したものです。

地下鉄の駅(Estacion Central)はこの直ぐそば。
DSCN6234_convert_20140425071533.jpg
地下鉄は、均一料金で曜日や時間帯で金額が違います。この日は580ペソ。
車内は日本の地下鉄とそう変わらないですが、車内アナウンスが一切無いので、降りる駅をしっかり確認していないといけません。

今日のランチは旧市街に近い「Las Tarria」地区で食べようと思い、「Universidad Catolica」で下車。駅付近の店はイースター休暇で殆ど閉まっていて不安を感じましたが、少し歩いた「Las Tarria」地区はレストランが営業していました。良かった〜

DSCN6235_convert_20140425071718.jpg
この辺りは小洒落たレストランが並んでいて良い雰囲気です。


入ったのは、ワインとお料理で評判のワインBAR「Bocanariz」。ワイン好きな人にはとっても素敵なレストランです。店内の壁にはワインリストが一杯書いてあります。
DSCN6241_convert_20140425071902.jpg
海鮮物を軽く頼んでみました。どれもワインに合いそうなお料理です。今回の旅行は、"海の物を美味しく食べたい!"というのも一つの目的です


ランチの後、旧市街の中心地アルマス広場まで腹ごなしに散策です。季節もちょっと肌寒いくらいの陽気で、歩いていると、ひんやりした空気が心地良く頬をかすめていきます。道行く人はコートやダウンを着込んでいる人もいます。

チリ・カトリックの総山サンチアゴ大聖堂に入るとミサの最中で、皆さん静かに神父の声に耳を傾けています。厳かな雰囲気に少し圧倒されながら、そろそろと見学しました。

DSC_0426_convert_20140426221756.jpg


イースター島へのフライト時間が迫って来たので、帰りはタクシーで空港に向かいました。
LAN航空 18:40発 満席の飛行機で6時間のフライトです。サンチアゴとイースター島の時差が2時間あるので、到着は現地時間22:20予定です。

イースター島の空港に着き荷物を受け取る前に、滞在中観光する国立公園の入場チケットを購入。一人U$60で2箇所の島内施設(オロンゴ儀式村・ラノララク)へ入場出来ます。

やっと着いたイースター島に胸を膨らませる私達を、待っていましたとばかりに大勢の旅行ガイドさんが待ち受けていました。
ガイドさんの手中には、名前の書いたプラカードと色とりどりのフラワーレイが。白に紫の少し大人の感じの物、ショッキングピンクの華やかな物、色んな色を混ぜたカラフルな物…。思い思いのレイを受け取り皆さん、島の第一印象バッチリです!!私達が首に掛けて貰ったレイは、黄色とピンクの花が交互に並んでいるとても可愛らしいレイでした!

一日がかりで到着したイースター島。明日から3泊、とても楽しみです









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。