スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン 「Babel」

Resende近郊のVisconde de Maua で素敵なレストランを見つけました。

Visconde de MauaのインフォメーションからMaringa方面へ行く道の途中、左手「Vale do Pavao」を入っていきます。ここから4km、ひたすらひたすら悪路を進みます。勿論舗装されていませんし、大きな石がゴロゴロしている細い道が続きます。「本当にこの道でいいのかしら?」と不安になった頃、地味な木札で店の名前「Babel」を見つけます。矢印を信じ、さらに進みます。これを何回繰り返したでしょうか。初めてこのレストランを訪れる人は、多分同じような気持ちになるはずです。雨期など雨が続いている時は、レストランへ電話をかけて道が通れるか確認をしてから行った方が良いそうです。

こんな苦労をして辿り着いた先には、本当に素敵なレストランが待っていました!

DSCN5947_convert_20140218044020.jpg

DSCN5948_convert_20140218043856.jpg
平日だったせいか、他のお客さんはいませんでした。
シェフの親類に陶芸家がいるので、使われている食器は全てそこのモダンな陶器です。ちょうど今日はVisconte de Mauaにあるそこのアトリエを訪ねたばかりでした。
テーブルウエアや洗面所も気配りがゆき届いていて食事を頂く前から嬉しくなってしまいます。

DSCN5954_convert_20140218043657.jpg
ここはご夫婦でシェフをなさっているのですが、日系人の奥さんのKeikoさんのせいか分かりませんがメニューには、な、なんと「神戸和牛」のお料理もありました今回は食べなかったけれど次回来た時は絶対注文したいです。

DSCN5950_convert_20140218043545.jpg
最初のお通し。レンゲにクリームチーズとトマトをお洒落に。

DSCN5957_convert_20140218043232.jpg
サーモンのフィトチーネ。茹で加減もGOOD!ブラジルレストランにありがちなブニョブニョではありません。写真は1/2人前です。

DSCN5956_convert_20140218043322.jpg
メインには「Costela(スペアリブ)」を頼みました。付け合わせに濃厚なリゾットと野菜の掻揚げみたいなものがついて来ました。これも1/2人前です。

DSCN5958_convert_20140218043136.jpg
デザートは色々ありますが、クリームブリュレ・ティラミス・タルトタタンなどなどResendeでは 珍しい物でした サンパウロやリオではあるのでしょうが、この辺りでは…。
Mixを頼むと違った4種の味が少しずつ楽しめます。

DSCN5955_convert_20140218043439.jpg
ここは、リオのレストランの本にも掲載されている有名な所で、しかも本の表紙写真がこのレストランです。
ネットで調べたら、美味しいレストランで出ていましたが、やはりコメント欄には「少々行き辛い場所です。」と書かれていました。納得ですー。
どうしてこんな辺鄙な所を選んだのか分かりませんが、とても美味しかったのでまた頑張って来てみたいです。


「babel Restaurante」
Reservas; (24) 9977-0152 / 9999-8121
www.babelrestaurante.com
andre@babelrestaurante.com

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。