スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レストラン「Alecrimアレクリン」

ペネドのレストラン「Alecrim」をご紹介します。
Alecrim とは、ポルトガル語でローズマリーの意味で、メニューにもローズマリーの名前の付いたお料理が載っています。

DSCN5258_convert_20131220195815.jpg

DSCN5257_convert_20131220195518.jpg
場所は、ペネドのメイン通り「Avenida das Mangueiras」と並行して走っている一本裏の通り「Avenida Brasil」で進行方向左側の緑の天幕が目印となります。

小さなお店で、料理人Otavioさんとテーブル係Roseさんの二人だけでやりくりしています。
肉料理も鱒料理も両方あり、どれもとても美味しく満足のできる味です。

DSCN5256_convert_20131220195714.jpg
フィレミニョンとマッシュルーム、玉ねぎ、トマトなどの野菜炒めのプレート。
肉がとても柔らかく、野菜の味付けも程良くバランスがGOODです!
一緒について来るリゾット風のクリームご飯も食が進みます。

DSCN5254_convert_20131220195610.jpg
コントラフィレの肉にほんのりとローズマリーの香味を効かせた一品です。付け合わせの小さなジャガイモのソテーがまた美味しいです。白いご飯が付いて来ます。

DSCN5272_convert_20131221061512.jpg
マスのメニューも色々ありましたが、今回はマッシュルームとバターの味付け。マス料理はサイドメニューを選ぶことが出来、ジャガイモのソテーをまたまたオーダーしました。

ここのお料理の量は、少し多めの一人前。上の写真2枚は2人分、下の魚は1人分の分量です。
なかなか知らないと入らない様なこじんまりしたレストランですが、是非一度食べに行ってみてはいかがでしょうか。



食後のデザートは最近新しくオープンしたアイス屋さん。
「Pequena Finlandia」の入り口の正面に出来ました。ここは量り売りではなく、小さいカップに1種類の味でR$8、少し大きめのカップに2種類の味でR$12でした。色々種類があるので、小さなスプーンで味見をさせて貰えます。
果物系やチョコ系など色とりどりで迷っちゃいます。
DSCN5266_convert_20131220195422.jpg

DSCN5268_convert_20131220195328.jpg
座るところは3つしかないので、アイスを買った皆さんは店の前辺りで食べています。


なかなか乗る機会がなかった観光用汽車も体験しました。
もう学校も夏休みに入ったせいか、平日にも関わらずお客さんがざらっと乗り込んでいます。1時間ほどの行程でR$10です。
DSCN5277_convert_20131221061104.jpg
ガタガタとお尻に響く乗り心地ではありましたが、涼しい風に吹かれながらの乗車はちょっとした遠足気分です。

DSCN5287_convert_20131221061306.jpg
近くの滝まで行って一旦下車。暫く滝の畔で写真を撮ったり足を水に浸してみたりと思い思いに過ごします。
滝のところでは、家族連れが気持ち良さそうに水遊びを楽しんでいました。
その間、汽車は何処かでUターンをして戻ってきます。乗って来た汽車がいなくなった時は、「もしかしておいて行かれちゃった?」と不安がよぎりましたが一緒に乗っていた方たちもまだいらしたので、多分大丈夫だろうと言い聞かせていました。
ほんの1時間程の時間でしたが、童心に返って楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

もうすぐブラジルは真夏のクリスマスを迎えます














スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。