スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bonito (ボニート) ③

最終日。
夕方のフライトまで特に何も予定が無かったので、少し早めにホテルをチェックアウトして空港のある「Campo Grande」に寄ってみることにしました。

今回お世話になったホテルは、「Hotel Wetiga」です。
メイン通りに面していますが中心部より奥に位置しています。徒歩で街中まで行くのはかなり遠いですが、ホテルはとても綺麗で、プールやサウナも完備しています。
DSCN5115_convert_20131123021002.jpg

DSCN5116_convert_20131123021110.jpg
天然木の柱が何本も立っているロビーには、インディオの写真や陶器が展示してあります。

この日はだんだん天気も回復して来て青空が広がってきました。
DSC_0011_convert_20131125194030.jpg

DSC_0020_convert_20131123021618.jpg
一昨日来た道を再び戻ります。
この辺りは非常に緩やかな傾斜の土地で、なんと平均勾配が水平距離1kmにつき高度差1cmだそうです。
周囲を山々に囲まれたResendeとは全く違う真っ平らな大地がどこまでも続きます。

「Campo Grande」は、Mato Grosso do Sul 州の州都で、大きな地方都市です。沖縄からの移民が多く、街には沖縄そば店があります。沖縄からの日系移民の子孫はもう日本語を話せる人は少ないようです。Resende でも日系の若い方は、見た目は日本人でもポルトガル語しか分からない人が殆どです。ブラジルで生まれ育ったので仕方のないことです。
日曜日で閑散としていましたが、整然とした町並みと道路。それに比べて、Resendeは実に田舎町なんだなあと感じました。
DSC_0033_convert_20131125194133.jpg

「カンポグランジは特に見る所は無いですが…」と言うガイドさん。地球の歩き方に載っていた唯一の見所「ドンボスコ文化博物館」を目指すことにしました。
街中にある大きな公園「Parque das Nacoes Indigenas」の中にあるこの博物館は最近改装されてかなり立派な建物でした。この公園内に今、水族館を建設中です。変わった形の水族館が完成したら観光名所になりそうです。
入場料R$10を払い、中へ。
DSC_0022_convert_20131123021717.jpg

展示物は大きく分けて、この付近一帯に生息する動物たちの部屋とインディオの生活を展示してある部屋があります。
DSC_0028_convert_20131123021840.jpg
大小様々な動物の剥製は、見応えがありました。

DSC_0030_convert_20131123022059.jpg

DSC_0032_convert_20131123021941.jpg
綺麗に陳列されているのですが展示物にあまり説明がないので、これは何なのかしら〜?と想像しながら見学しました。
日曜ですが、公園も博物館も殆ど人はいませんでした。

そろそろ空港へ戻る時間です。
早めにチェックインして空港内でランチをとって夕刻のフライトで帰路に着きました。

今回のBonito旅行は、運悪く中日に雨に降られ残念でした。自然を楽しむ観光ですので、致し方のないことです。でも天気に恵まれていれば本当に素晴らしい所だと思います。ブラジルの自然のバリエーションは、まだまだ豊富にありそうです。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。