スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visconde de Maua

Visconde de Mauaへの行ってきました。
Resendeから車で1時間くらいです。Penedoは左に曲がる所をそのまま真っ直ぐ山を登っていきます。

途中、行きと帰りに1箇所ずつ見晴らし台があります。
DSCN4630_convert_20130916195610.jpg

一山超えた辺りで、Visconde de Mauaの小さな観光案内所はあります。そこで、地図などもらって、その先のMaringa・Marombaへの位置を確認です。地図には大まかな道と滝の位置が書いてあるのでそれを頼りに進みます。
最初の目的地Maringaまで、ほとんど車と会うことがないので少々心配になりますが、主道は一本道なので迷わず走っていきます。
しばらく走るといきなり町があって、観光客が歩いています。「あー、良かった、無事到着!」という感じです。


DSCN4640_convert_20130916200008.jpg

DSCN4634_convert_20130916195745.jpg

ランチは、Preto川のほとりのイタリアンにしました。
DSCN4635_convert_20130916195852.jpg
このイタリアン料理、とても美味しかったです。量は一人分で一人の分量でした。ブラジルのレストランは一人分の分量がお店によってマチマチなので、頼むとき困ります。

DSCN4642_convert_20130916200136.jpg
橋があまりに細いので(人、一人通れる幅くらいです!)ロバは川を渡らなければなりません。

DSCN4636_convert_20130916200259.jpg
レストランの脇のこの細い橋を渡るともうそこはミナス州になります。リオ州との境の位置なんですね。

DSCN4648_convert_20130916200409.jpg
DSCN4650_convert_20130916200516.jpg
渡った先のミナス州にも店やレストランが並んでいます。が、こちら側リオ州の方が賑やかです。

ランチの後、近くの滝を3箇所見に行きました。
Maringaを抜け、Marombaまで細い道を通って行きます。道は舗装されていなくて、ボコボコ道です。

まず、「Veu da Noiva(花嫁のベール)」という名の滝。
DSCN4657_convert_20130916200633.jpg
なるほど、滝の形が、ベールのように見えます。

次は、「Pocao da Maromba」。
DSCN4664_convert_20130916200755.jpg
滝自体はそんなに大きくないのですが、滝壺が深いらしく脇から飛び込みをしている人がいました。水が氷のように冷たい!と言いながらも満更でもないようでした。

Marombaの終点の滝、「Escorrega(滑り台)」です。ここはもうイタチアイア国立公園になっていました。
DSCN4677_convert_20130916200923.jpg
名前の通り、もう少し水量があれば夏は滑り台として楽しめそうです。暑くなったら、ビーチサンダル持参で来ましょう!

今回は、車で近くまで行くことができる滝ばかりでした。この辺りは幾つかの滝があり、かなり歩かないと近くまで行けない場所もあるようで、リュックを背負いトレッキングスタイルで歩いている方を見かけました。
滝の飛沫を沢山浴びてマイナスイオンを貰ったような爽やかな気持ちです。思い立って日帰りで行ける滝があるなんて、横浜に住んでいる時は考えられません。

帰りの見晴らし台からは、Redende の町とだんだん出来上がっていく工場が見えました。
DSCN4683_convert_20130916201227.jpg

DSCN4682_convert_20130916201117.jpg

前回来た時は小雨模様で、ランチだけ食べて滝は殆ど見学できませんでした。今回はまずまずの天気で、幾つか滝観光が出来たので良かったです。


















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。