スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンソイス・マラニェンセス国立公園 ⑤

サンルイスは、マラニョン州の州都で、ブラジルで唯一フランス人によって築かれた町です。ルイ14世に因んで町の名がつけられその後、オランダやポルトガルの支配下で栄えました。
サンルイス歴史地区は1997年に世界遺産に登録され、植民地時代のヨーロッパからの資材をふんだんに使った洋館がその姿をとどめています。

DSCN4032_convert_20130712072236.jpg
ブラジルで最も古い劇場の1つの「アルトゥール・アゼベド劇場」

DSCN4034_convert_20130712072440.jpg
「リベロンの噴水」

DSCN4026_convert_20130712072401.jpg
「セー教会」
DSCN4054_convert_20130712072849.jpg
教会内部の床は、タイルの町だけに色々な模様のタイル張りです。

DSCN4035_convert_20130712072544.jpg
町の中心に建つ「カルモ教会」ここもタイル張りです。

DSCN4043_convert_20130712072632.jpg
ポルトガル通りにあるタイル張りの建物。
DSCN4044_convert_20130712072813.jpg
お土産も、タイル製品が一杯です。


この歴史地区は世界遺産となっていますが、建物・道・タイル張りの壁など、手入れもされず朽ちているものが多く見られます。タイルの壁も汚れて欠けて、せっかくの見事な模様も台無しです。え、ここが世界遺産地区なの!?という感じです。
世界遺産委員会から国に、復興のための予算が送られましたが、上層部でその予算は使い果たされこの町のプロジェクトには殆ど回らなかったということです。ついに彼らは汚職で捕まるのですが、その汚職のお金で自ら釈放されたらしいです 「汚職大国ブラジル」という不名誉な看板を一刻も早く下ろして欲しいものです。

DSCN4040_convert_20130712072719.jpg
崩れないように木材で支えている、放置された建造物。

ちょうどこの日デモが行われていて、空港までのバスがホテルの前まで入って来れなくなってしまいました。
ブラジル全土に広がったデモ。早く収束して欲しいてすが、政府の汚職が蔓延っているようではなかなか難しいのでしょうか。


DSCN4069_convert_20130712073027.jpg
ピンク色のガラナ。味は通常の物より甘くて、私は馴染みのガラナの方が好きです。

DSCN4079_convert_20130712073304.jpg
帰りは、リオデジャネイロで降り帰宅です。
明日からはまた日常生活が始まります。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。