スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Penedo 料理フェスティバル

2015年9月17日〜27日まで、Penedoでは 「festival Gastronomico(料理フェスティバル)」が開かれています。

たまたま、ピラティスの帰りに寄ったレストランで知りました。
Sao paulo やVisuconte de Maua では毎年このような催しが開かれていますが、Penedoでは私、初めて知りました。
DSCN0424_convert_20150923183839.jpg
DSCN0421_convert_20150923184107.jpg

Penedoの幾つかのレストランが参加していて、一律R$34.90でスペシャルメニューを出しています。
パンフレットには、レストラン名とメニュー名・写真が掲載されて、裏にはレストランの所在地が記してあります。

レストラン「Querencia」で注文したのはもちろん、フェスティバル参加メニューのお料理です
「Contra File de Angus」
DSCN0423_convert_20150923184022.jpg
苺やパセリでお皿を飾り、いつもよりかなり盛り付けに気を使っておしゃれな一品に仕上がっています。(この辺りのレストランはどこも通常、割とざっくりおおらかな盛り付けで、繊細さというのは無いですねー。)
牛肉のボリュームがありましたが、頑張って完食しました!

Penedoは週末は観光客で一杯になるのですが、いかんせん、平日の閑散としたこの町。
火曜日も例外ではなく、お客は昼時に2組いたかいないかの寂しい店内。従業員が暇そうにお喋りしているのも仕方ないのかもしれません。
Penedoの週末と平日のギャップは、本当に驚きに値します。
週前半、営業していないレストランが多いのも納得、の寂しい風景です。

地元人口が少ないと言うのは、経済面ですごくハンディになります。ResendeやPenedoを見ていて感じる一場面です。

期間が短いですが、もしPenedoに行く機会がありましたら、スペシャルメニューを試食してはいかがでしょうか?

スポンサーサイト

ピラティス教室

ブラジルではピラティスが盛んで、市内にも「ピラティス」の看板をよく目にします。
運動不足を切に実感していたこの頃。重い腰をやっと上げて、Penedoのピラティス教室に通う事になりました。

DSCN0415_convert_20150923184552.jpg
Penedoに住んでいる友人はもう一年も通っているそうで、彼女に紹介してもらい無料体験一回の後、昨日からピラティスを始めました。

綺麗な庭に素敵なバルコニーを持つ個人宅に併設されたピラティス教室です。
DSCN0416_convert_20150923184814.jpg


室内には、ピラティスで使う色々な機材が設置されて、先生がその都度見本を見せて、後に続いて生徒も同じ動作をします。
1時間のクラスは、個人教室として1人か2人で受けます。1時間R$30で、その都度次回の予約をします。

DSCN0417_convert_20150923184409.jpg
DSCN0419_convert_20150923184235.jpg
DSCN0418_convert_20150923184322.jpg
DSCN0420_convert_20150923184153.jpg

最後は、ハンディマッサージ機を先生が背中や足の裏側を当ててくださって、授業は終了です。

日頃動かさない筋肉を使って、初日の昨日は帰宅した後、疲れが出たのかお昼寝をしてしまいまいた。
色々な器具が珍しく、「これはこうやって使うんだ〜。」「うーー、筋肉、プルプル言ってる〜」などと思いながらの初めての授業でした。
少しは運動不足解消の手助けになるかな?

「mafiosa」

Resende市内、パライバ川沿のパスタのお店の紹介です。

DSCN0374_convert_20150911201314.jpg

DSCN0375_convert_20150911201400.jpg


注文の仕方は、注文の紙とボールペンを借り、メニューを見ながら各自チェックしていくというものです。
DSCN0377_convert_20150911201148.jpg
自分の名前・パスタの種類・ソース・サイドディッシュの有無・飲物の項目があります。初めてだと少々分かりづらいかもしれません。
書き込んだ注文票を店の人に渡します。自分の料理が出来上がったら名前を呼ばれて取りに行きます。

パスタはペンネ。好みの具(8種類まで入れられますが、今回は4種にチェックしました。)を入れて、オリーブオイルとニンニクの味付けで注文してみました。
DSCN0378_convert_20150911201101.jpg
粉チーズは手前のビニル袋に入っています。

DSCN0376_convert_20150911201229.jpg


なかなかのボリュームで、かなりお腹いっぱいになりました。
炭酸水を頼んで、しめてR$18.40。

あらたまって行くというより、ふらっと気軽に立ち寄れるパスタのレストランです。

Resendeの歩道事情

Resendeは、リオデジャネイロ州でありながら、比較的治安も良く自然も多く、住むにはとても良い所だと思います。
ただ、常々「これはもう少しどうにかならないものか?」と感じている事もあります。

その一つが「歩道」です。

ここでは、歩道までが各家の所有物であるのか、歩道整備が良くありません。
家主に余裕があれば、その家の前の歩道は綺麗な模様をあしらった物となり、歩く人は安心して歩く事ができます。しかし、歩道まで気にしない家だったり、はたまた空き家などの歩道だったら、かなり酷い状態となっています。
また、歩道上には木々が何故か植えられていて、その根がコンクリートを押し上げ、躓いてしまう事もあります。

DSCN0311_convert_20150911201753.jpg
DSCN0310_convert_20150911201702.jpg
DSCN0373_convert_20150911201855.jpg
DSCN0372_convert_20150911201607.jpg
DSCN0371_convert_20150911201513.jpg
DSCN0369_convert_20150911202004.jpg

歩道を歩く女性は、お洒落なヒールの靴を履く事は難しいかもしれません。躓いたり捻挫したくなかったら歩き易い運動靴が一番、という状態です。という事で、私はいつも全然お洒落でない運動靴で歩いています。
大人一人でフラフラしている私などは良いですが、小さなお子さん連れや乳母車を押している人、足腰の覚束ないお年寄りはさぞ気を配って移動しなければいけないでしょう。

普段市内を歩いていてちょっと気になる事を書いてみました。

女子会ランチ

Resendeに駐在している奥様方は、この春本帰国の方が多く一時たったの4人にまで減ってしまいました。が、この夏新たに3人帯同の方が増え、賑やかになりました。

歓迎会も兼ねて、久し振りにPenedoのレストラン「Vernissage」で女子会ランチを催しました

DSCN6197_convert_20150911204639.jpg
Penedoのメイン通りを抜けて上り坂を更に奥へ進んでいきます。案内板のあるレストランの門をくぐり抜けると、駐車場。
小川のほとりの建つこのレストランは、自然一杯のPenedoを感じさせてくれるレストランです。
小川のせせらぎの音、窓辺にはハチドリが飛び交い、雰囲気も抜群です

私達は、奥の部屋にある楕円形のテーブルに案内されました。

今回は、7人で3種類のメニューをシェアして頂きました。
「鴨肉」の煮込み オレンジ添え
DSCN0312_convert_20150911202310.jpg
ソースにコクがあり、またオレンジの酸味も加わりとっても美味!

「牛肉フィレミニョン」
DSCN0314_convert_20150911202348.jpg
定番の柔らかな部位で間違い無しのメニューです。

「バカリャウ(塩鱈)」入ライス
DSCN0315_convert_20150913032649.jpg
初めて注文しましたが、美味しく感激でした
最初サーブされた時、付け合せのライスかと勘違いしてしまいました。中に鱈が入っていて美味しく頂きました。


自己紹介の後、美味しい料理に舌鼓を打ちながら、日常生活や何気無いお喋りに花が咲きます。
食後はコーヒーだけにして、レストランを後にしました。

その後、メイン通りのアイスクリーム屋さんで色々味見をした後、カップ入アイスを購入。
それぞれ違った味をお互い一口交換しながらの楽しいひと時です。

これから新しくResende で生活をスタートされる方、異国での貴重な体験を楽しんでください

今月23日から春の季節になるというブラジル。
去年の今頃は、パッと明るい青空が広がって、「これから暑くなって来るわ〜」と涼しい冬を名残惜しく感じていたのですが、今年は…。

雨雲が垂れ込め、スッキリしないお天気がずっと続いています。日中も時折雨が落ちて来たり、寒さのせいかなかなか喉の痛みも取れません。真っ青な空はいつになったら現れるのでしょうか?

そんな中、ゴルフの帰りの高速道路から淡い淡い桃色の桜の木を見つけました!

DSCN0321_convert_20150911202222.jpg

DSCN0323_convert_20150911202128.jpg

日本人の私はやっぱり桜の花を見ると、立ち止まらずにはいられません。通り過ぎた道をUターンしてもう一度戻ってみました。
存在感のあるキリッとしたブラジルの黄色いイペの花もとっても素敵ですが、なにかこう少し控え目佇んている桜の木も心に染み入るものがあります。

春は、きっともうそこまで来ているのでしょうね

ブラジル独立記念日

9月7日はブラジルの独立記念日で、ブラジル各地で式典やパレードが行われます。
今年9月7日は月曜日だったため、3連休となり旅行へ行かれた方も多かったようです。

Resendeでも毎年この日は、パライバ川沿の道路でパレードが行われます。
週末から、来賓席のテント台が設置されています。

当日はあいにく雨模様。朝9時からのパレードは実施されるのかと思われましたが、部屋のベランダから見ると8時半頃から観覧者が三三五五、会場方面へ歩いて行く姿が見えました。(住んでいるマンションは会場の直ぐそばなのです。)

雨脚は強くなったり小降りになったりと強弱をつけながら、足元の水溜りにリズムを刻みながら弾けています。
それに合わせて、傘をさしたり窄めたり…。私も会場へ出掛けて行きました。

市役所脇の少し広めの通りでは、これからのパレードを控えた車両が待機しています。また沿道付近には「AMAN(陸軍士官学校)」の方も出番を待っています。
DSCN0328_convert_20150911204756.jpg

テント前の沿道は雨のためか人出は少なめでしたが、パレードを今か今かと待っていました。
DSCN0332_convert_20150911204853.jpg
どこにいたら良く見えるのか、ウロウロしながら、9時を待っていました。

9時きっかりに、アナウンスの声と演奏隊の音楽と共にパレードが開始されました。おー、時間正確❗️と何気に感動してしまう

DSCN0340_convert_20150911205231.jpg
DSCN0337_convert_20150911205133.jpg
DSCN0336_convert_20150911205027.jpg
DSCN0342_convert_20150911205344.jpg
DSCN0351_convert_20150911205605.jpg
DSCN0365_convert_20150911205736.jpg

「AMAN」の行進に始まり、軍事用車両、パトカー・消防車などの特殊車、白バイとパレードは続きます。
その後、民間の団体グループの行進が始まりました。いつもなら、大人の行進の後は学校単位の児童達のパレードがあるのですが雨天の為今日は中止となり、式典は30分程で終了となりました。

3年もResendeにいながら、初めて観た独立記念日パレード。一見の価値あり、なかなか見応えのあるものでした。
今月末のResende創立祭の際もまた行われるそうなので、機会のある方は是非いらしてください











プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。