スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンタナール

10月の3連休を利用して、南パンタナールを観光してきました。
パンタナールは、ブラジル・パラグアイ・ボリビア3国にまたがる世界有数の湿原地帯で、その広さは日本の本州とほぼ同じ23万㎢ !!
この湿原地帯には豊かな動物たち(魚類・鳥類・哺乳類・爬虫類)が生息しており、2000年、世界自然遺産に登録されました。
10月まだ乾季のこの時期は、数の少なくなった水たまりや池に動物達が集まり動物観察がより容易になります。また、雨季は蚊が大量発生するそうですが幸い今、その時期ではありません。

DSCN1193_convert_20121016060833.jpg

この辺りの牧場は広大で、ネロリ牛と言われる白く背にコブのある牛を飼っています。


敷地内には川も流れていて、釣り好きの旅行者は川の畔でキャンプをしながら一日中釣りを楽しんでいます。
見渡す限り牧草地だけ。周囲には何もありません。ですので、宿泊先で食事は3食頂きます。

DSCN1231_convert_20121016055900.jpg
ここのお料理はどれも大変美味でした。

ブラジルではマンゴーの木をよく見かけます。この緑の実が全てマンゴーになるのですから、沢山取れて安く食べられるはずですよね。
DSCN1241_convert_20121016061817.jpg


朝7:30から馬で敷地内を散歩。
DSCN1207_convert_20121016055807.jpg

途中で牛の群れに何度か行き合います。

DSCN1220_convert_20121016060002.jpg
暑さに強いネロリ牛。10月はまだ春ですがパンタナールは日中は日差しが強く人間は朝と夕方が活動時間です。
10時頃になるともう暑くなってきて外にいるのが辛くなります。

DSCN1234_convert_20121016060712.jpg
ハンモックに揺られて昼間は休憩タイム。 ただ余りの暑さに途中からクーラーの部屋へ避難しました。

夕方から、荷台に椅子を設置したサファリカーで動物達を見に、牧場内を走ります。

水たまりにはワニが住んでいます。
トラックが来ると、餌をやるのを知っているのかすぐ水から上がってきます。
DSC_0207_convert_20121016061024.jpg

DSC_0203_convert_20121016060051.jpg
鎧のような重いワニの尻尾!

カピバラや、青いインコ・アララアズウ、アルマジロ、バンビやミューなどのんびりと生息しています。
DSC_0228_convert_20121016060555.jpg

DSC_0226_convert_20121016060319.jpg

DSC_0211_convert_20121016060149.jpg

DSC_0190_convert_20121016060449.jpg

DSCN1195_convert_20121016055551.jpg

夜、日が落ちあたりが暗くなると、ホタルが飛び交っていました。日本のホタルより強い光です。また、ワニが水から目だけを出して、豆電球のように光って沢山並んでいます。サーチライトで照らすと遠くにいるワニの目がよく見えます。

この夜は、月が出ていなかったせいか、空を見上げると満天の星
天の河もよく見えました。日本ならすぐ見つけられる星座も、余りの星の多さでわかりません。周りに明かりがないとこんなに星が見えるんですね。写真では撮影出来なかったので、脳裏に焼き付けておきます。

ブラジルの広さを実感した旅でした。

DSCN1185_convert_20121016055449.jpg


一口ポルトガル語

anteontem (アンテオンテン) おととい
ontem (オンテン) きのう

hoje (オジ) 今日

amanha(アマニャン) 明日
depois de amanha (デポイズ デ アマニャン) あさって




スポンサーサイト

Hotel fazenda

「Fazenda」とは、ポルトガル語で農場の意味ですが、ブラジルでは特に、主な輸出産業であるコーヒー豆農園を指すことが多いです。この農場を宿泊施設として解放しているのが、「Hotel Fazenda」です。

高速道路を通る時いつも目にはいる大きな文字、「VILLA FORTE」。一体何?と前から気になっていたので今回、実際に見学に行ってきました。Resendeからサンパウロ方面、イタチアイアを少し過ぎたあたりです。

DSCN1160_convert_20121010222104.jpg

入口には木製の看板。歴史があるようです。

DSCN1157_convert_20121010222222.jpg

中を通っていくと瀟洒なホテルが!!
中庭にはプールや、テニスコート、バレーコート、アスレティックのできる池、勿論、馬や豚も飼っています。屋内では、ビリヤードやジムもできます。


もう一つ、この日はFazenda見学。
DSCN1168_convert_20121010222608(1).jpg

イタチアイア国立公園手前にあるFazendaです。ここではホテルの人が中まで案内してくださいました。

DSCN1167_convert_20121010222450.jpg

DSCN1165_convert_20121010222327.jpg

昔使用していたコーヒー焙煎の道具や、日常生活を思わせるアンティークな物が一杯飾ってあります。
週末で、プールには子供連れの家族がのんびりと過ごしていました。

私は、農場 という表現から汚くてちょっと臭そうな所をイメージしていましたが、こんなにオシャレなホテルだとはビックリです。

ここは、日帰りでも部屋を利用出来るそうで、ちょっといつもと違った週末を過ごすのもいいかもしれません。

一口ポルトガル語
どれくらいかかりますか?
Quantas horas leva do Japao ao Brasil? 日本からブラジルまで何時間かかりますか?






レストラン Trem Azul

Resendeの高速道路すぐ近くに、「Trem Azul」というレストランがあります。ここは、リオ州の隣ミナス・ジェライス州の郷土料理のお店です。

DSCN1170_convert_20121010223505.jpg

「comida mineira」(ミネイラ料理)と書かれていますが、これはミナス州風料理という意味です。

食べ放題ですので、好きなだけお皿に盛って頂きます。飲み物は別に注文します。

DSCN1171_convert_20121010223317.jpg

サラダ、肉類(牛、豚、鳥)の煮込み、豚の皮の揚げ物、ケールの炒め物、かぼちゃなどの野菜の煮物、揚げ物、米類いろいろあります。
デザートは、チーズ(薄味?豆腐を水切りしたような感じの) と、ペースト状にしたバナナ・パパイヤ・かぼちゃなどを添えて頂きます。
このお店は、同じ店内にイタリア料理もあり、パスタとピザ(バナナやチョコののったデザートのピザもあります)も一緒の料金で食べることができます。

DSCN1172_convert_20121010223412.jpg

店内は、綺麗に彩りされた沢山の陶器の皿やコップでデコレーションされています。
お昼時でしたので、勤めの人で賑わっていました。
Resendeの普通のレストランとはちょっと違った味付けの料理が食べられます。

一口ポルトガル語
天気の言い方
Hoje esta fazendo sol. 今日はいい天気です。
Hoje esta chovendo. 今日は雨です。
Hoje esta ventando. 今日は風があります。
Hoje esta nevando. 今日は雪です。
Hoje esta nublado. 今日は曇っています。

トレッキング

先週末、イタチアイア国立公園内「Pedra do Altar」(2665m)の山まで ガイドさん付きでトレッキングをしてきました! Resende からよく見える 一番高い「Agulhas Negras」(2791m)の隣に位置する山です。
とは言っても、麓から出発するのではなく、車でずいぶん上まで登ってからです。

DSCN1149_convert_20121010213315.jpg
ここがイタチアイア国立公園の入口ゲートです。ここから2kmまだ石ゴロゴロの道を走ります。

DSCN1119_convert_20121010214422.jpg

ガイドさんについて岩山に囲まれた道をひたすら歩きます。途中、湧き水を発見!
DSCN1112_convert_20121010213439.jpg

土曜日でしたが、私たちのグループの他は誰にも行き合いませんでした。
Agulhas Negras を見上げると豆のような人がロッククライミングをしているのが見えました。あれはかなり本格的ではないかと思います。

DSCN1126_convert_20121011053751.jpg
この山が Agulhas Negras 。名前の通り、黒い針のように模様が見えます。

DSCN1118_convert_20121010213634.jpg

DSCN1133_convert_20121011053939.jpg

山頂に着きました!!流石に山の上は寒く上着を着てランチタイム。1時間半程のトレッキングで、ちょうどいい加減の疲れ具合です。とても心地良い気分です。

スタート地点から少し歩き、綺麗な滝まで降りて行きました。水が透き通って泳ぎたかった(?)のですが、氷のような冷たさ! 脚を漬けるだけにしました。
DSCN1147_convert_20121010214042.jpg

帰りの途中、お土産屋さんでひと休憩。同じような店が4軒並んでいました。
以前から興味のあったトウモロコシを粉にして甘く味付けして蒸した 「Pamonha」を食べて見ました。なかなか美味しかったですよ!
DSCN1154_convert_20121010214140.jpg

ここではいつでも行こうと思ったら、すぐに自然を満喫できますね。贅沢なことだと思いませんか?

一口ポルトガル語
Faz + tempo. ~経ちます。
Faz 4 meses que eu moro no Brasil. ブラジルに住んで4ヶ月になります。
Faz uma hora que eu cheguei. 着いてから1時間経ちます。(一時間前に着きました)


211歳のお誕生日

Resende は、1801年9月29日に誕生しました。毎年、この時期は連日町をあげてのイベントが開かれます。

DSCN1068_convert_20121001042253.jpg

昼間から夜までイベント会場は人人で賑わっています。私は土曜日の夜に行きました。移動遊園地が設置され、屋台も所狭しと並んでいます。Resendeの産業を紹介するスペースもあったり、昔コーヒー栽培が盛んだった頃の展示ブースも。小動物コーナーでは、バンビ、子ヤギ、ポニーや水槽にはワニがいたり、盆栽、カシャーサ(酒)、革製品、楽器いろいろ見ているだけでも面白いです。
雌牛が沢山いるところでは、乳の出る量コンテストをしていました。

DSCN1064_convert_20121001042435.jpg

5日間のアニバーサリーイベントでは、連日有名アーチストがコンサートを開きます。私は残念ながらブラジルの歌手を知らないのでありがたみがわからないのですが(スミマセーン)、皆さん、すごく熱狂的で音楽に酔いしれていました。

DSCN1092_convert_20121001042555.jpg

コンサートの始まる時間が午前1時からでちょっとびっくりさすがブラジルの人は体力ありますねー!2時間のコンサートが終わっても、まだまだ皆さん、お祭りを楽しんでいました。土曜だったからきっと明け方まで賑わっていたことしょう。
Resendeにこんなに人がいたのねー!と思った一日でした。

おまけ
DSCN1052_convert_20121001042126.jpg
ポコポコ土が盛り上がっています。何だと思いますか?
これは cupim クピンといって、シロアリの巣なんです。高速道路脇の空き地にこんな光景がよく見られます。
因みに "cupim" の意味を辞書で調べると、①白蟻・その巣 ②牛の背中 ③ 黒人の頭髪と有ります。いろんな意味がありますね。だから肉屋にはクピンという部位が勿論売っています。

一口ポルトガル語
Voce esta atrasado de novo. あなた、また遅れたわね。
de novo (ジ ノヴォ)= again また

プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。