スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aparecida

DSCN0301_convert_20120722033727.jpg

Resendeからサンパウロ方面、 Guaratinguetaの少し先に Aparecida という町があります。ここは大聖堂の有る所です。10月12日は、ブラジルの守護聖人の日で、この聖地Aparecida の教会には毎年15万人以上の参拝者が全国から訪れます。
1717年に漁師がパライソ川で聖母像( コンセイソンと呼ばれる処女懐胎前の姿)を発見したのが起源とされています。頭部と胴体が別々に引き揚げられ、「アパレシーダ(出現した聖母)」と名付けられました。この日の合わせて遠方からの参拝者で教会は溢れかえります。また、長いロウソクをお供えしたり、病を抱えた身体の部位を型どった蝋細工を捧げたり、写真を捧げたりします。不治の病の人がここで祈ると奇跡が起き、回復すると信じられています。
このバシリカ教会は世界最大の修道教会で、教会としてはバチカンに次ぐ大きさで知られています。バチカン市国からパウロ2世もいらしたということです。
DSCN0298_convert_20120713030319.jpg
中央に煌びやかに祀られているのが 漁師が発見した聖母像です。去年教会を改装したばかりなのでどこもかしこも✨ピカピカですよ。

また、この教会の敷地から延びている長い橋を渡るとこの町最古の教会を見ることができます。ちょうどミサが行われていました。
resende resende

( 一部 ブラジル日本商工会議所資料より転記)











スポンサーサイト

Resende 散策

DSCN0377_convert_20120723035345.jpg

この冬の季節、朝 起きて外を見ると、こーんなにスモッグがかかっていることが良くあります。本当に先が見えません。今日の天気はどうなってしまうのでしょうか? と心配…
でもご安心。こんな霧のかかった朝なら、その日は間違いなく絶好の晴天になります
DSCN0379_convert_20120723035512.jpg

この日も10時ごろになると この通り! とても良いお天気になりましたよ

今日は、日曜日。こちらの人は日曜日は家族とゆっくり団欒したり観光したりと、皆さんが休日となるので、セントロの商店街は軒並み休み。シャッター通りと化します。平日は大勢の人が訪れるセントロは実に閑散としています。日本なら日曜日は稼ぎ時ですが。
DSCN0405_convert_20120723033638.jpg

大型スーパーや午前中にのみ営業のお店もありますが、飲食店は開いている所はめったにありません。
今日、Resendeをプラプラ散策しましたので、街の様子、ご覧下さい。
DSCN0402_convert_20120723034009.jpgDSCN0400_convert_20120723034140.jpg
床屋さん。床屋さんが4・5軒並んでいたりします。男性は丸刈りの方がとても多いです。ゾロゾロ長い髪の人はいません。反対に女性は長い髪の方が多いです。もう1枚は葬儀屋さん。歩いていると結構見かけます。中を覗くと洋風の棺桶がならんでいて何だか興味深い。
DSCN0399_convert_20120723034530.jpg
近所のビル建設現場。何だか煉瓦をただ積み上げたような危なっかしい建て方で、震度3位で崩れそうですがブラジルには地震が無いとのこと。日本では考えられないです。
DSCN0413_convert_20120723034736.jpg向こうから一輪車に乗ったピエロが現れました。あんまり人通りが無いのでちょっと寂しい。どうせなら平日の方が観客多いのでは?DSCN0414_convert_20120723034355.jpg
日曜日の礼拝が終わったようで、大勢の人が教会から出てきました。街には幾つか教会があります。他の教会では皆さんでコーラスをしているのが聞こえました。
DSCN0416_convert_20120723040916.jpgDSCN0408_convert_20120723035204.jpgDSCN0411_convert_20120723035714.jpg
魚屋さんではピラニアとか売っています。サバ・イワシなど。海老は日本より高いです。ぽんかん,大根も一般の店で買うことができます。
DSCN0419_convert_20120723041037.jpg
最後に日系人の経営しているフルーツ屋さん「Nikkey」で買いものをして、帰宅しました。



Penedo

DSCN0365_convert_20120721220801.jpg.
Resendeからバスで30分程で Penedo という観光地に着きます。私の家の近くから始発バスが出ています。Penedo 行きは 平日・土曜日は毎時丁度と30分、日曜日・祝日は1時間毎に時間正確に出発します。料金は一律 2.9 reais. 前払いです。
DSCN0371_convert_20120721220642.jpg
最初に乗った時、途中から乗って来たPenedo に住んでいる女性に、「今買って来たこのシャワーカーテンの漢字はどういう意味か?」と尋ねられました。漢字が模様になっているビニールのカーテン。丁度指差した字は 「和」。
「Paz 」平和という意味です。と答えたら、すっごく嬉しそうな顔で 「あー良かった!」と言ってくれました。彼女に色々バスの事を聞きました。

途中、高速道路を走りPenedo の街に入って行きます。店が立ち並ぶ 観光スポットになっている辺りで 降ります。バスの上に張ってある紐を引っ張り運転手に合図します。結構大きなブザーが鳴ります。
IMG_0326_convert_20120722032954.jpg
Penedoはフィンランド人の多く住む街で、街のメインの広場にはサンタクロースやクリスマスっぽい雰囲気の店も有ります。また、チョコレート工房がいくつか有り、とても美味しいチョコレートを買うことができます。綺麗に包装してくれるのでちょっとしたプレゼントには最適です。今日の目的はこのチョコレートです
DSCN0372_convert_20120721220053.jpg

郵便局では可愛らしい切手を購入。
今日は平日なので寂しいくらい人がいません。週末は観光客でとても賑わいます。
DSCN0366_convert_20120721220936.jpg
この可愛らしい観光用バスは、Penedoの奥の方まで行き、滝の所で停車して写真を撮ったりして観光しながら走ってくれます。
帰りのバスは降りたところと違う、「Haikai」という日本食レストランの近くから乗ります。ちゃんとバスが来るかどうか心配でしたが、「Resende」行のバス 来ました!!DSCN0380_convert_20120722034040.jpg
ここはPenedoにある minas gerais の伝統料理のレストランです。ポルキロ方式とブッフェと好きな方を選べます。煮込み、フライ、生野菜、デザート どれも美味しかったー

Resende の人達は家族連れで週末よく過ごすということです。







インターネット

DSCN0346_convert_20120722034719.jpg

インターネットのお陰で地球の裏側のブラジルに居ながらライブでテレビを見る事が出来ます。ニュース、ドラマなど、更には録画もできるので、さながら日本にいるようです。家にいるとどうしても日本のテレビをかけっぱなしにしてしまいます。
今日は全英オープンの生中継をしっかり見ています。もちろん、NHKの 「梅ちゃん先生」もしっかり毎日見ています

RESENDE

新聞も毎日ネット経由で閲覧でき、情報は最新を知ることができます。
RESENDE
一週間分、アップできているので、読み残しはありません。

こんな状況で、1ヶ月余り生活しているものですから、ポルトガル語は当然耳に入って来ません。という事は、ちっともポルトガル語を話せる様にはならない 悲しい…いや、恥ずかしい事態。

やはり、こちらでテレビを買って、無理にでもポルトガル語を聞くようにしないと何年ブラジルで過ごしても語学の進歩はなさそうです。

因みに、ブラジルの通貨の単位 「 real 」の発音は ヘアウ。複数形 「reais」は ヘアイス。
スーパーの名前 「royal」は ホヤウ と発音します。

RESENDE

Angra dos Reis

DSCN0351_convert_20120722033407.jpg
先週、車で2時間の angra dos reis と言う 観光地へ行ってきました。
11時発の観光船に乗り、幾つかの島に寄って船上でランチを食べ、4時ごろ戻りました。
とても綺麗な海で、魚と一緒に海で写真も撮れます。船上では、サンバの生演奏、ランチは小魚や海老のフライなどが出ました。今回は、リオからのバスでの団体ツアーの方が殆どでした。ブラジル人はじめ、アルゼンチン、ドイツなどいろんな国からの旅行者がいました。ドイツ人の高校生の子は日本語クラブに入っているとかで日本語が上手でした。
resende
海老が山盛り!
resende

生演奏でみんな盛り上がっていました。後半はダンスする人も!
夏のシーズンはもっと人も多くなるそうです。

日本食

redendeは10万人ほどの人口のこじんまりした街ですが、日系人も3-40家族も居て、日系人の経営しているスーパーもあります。そこには、味噌、醤油、米(細長く、日本の米より多少パサついている)、餅米、みりん、鰹だし、ワサビなどの調味料があります。また、大根、ネギ、白菜、ゴボウ、納豆、豆腐、煎餅もおいています。そば、うどん、焼きそばもあります。ただ麺つゆが見つからないので、日本から持参した方がいいかもしれません。
Nikkeyと言う果物屋さんは、日系人経営で希望の品があれば、サンパウロから取り寄せてもらえるそうです。
IMG_0225_convert_20120722033531.jpg
近所の大型スーパーでも醤油、トンカツソースはありました。現地のスーパーは野菜も肉も量り売りです。ブラジル人はすごい量の肉を購入して行きます。カボチャ、キュウリ、ナス、柿も普通に売っています。
IMG_0337_convert_20120722034419.jpg


ある一日

Resendeでのある一日。

今日はテニススクールの日。歩いて10分のインドアテニスコートへ。朝は寒くて上着をきて行きましたがさすがにテニスの時はTシャツに。私のクラスは生徒さん、3人。初級クラスってとこでしょうか。
IMG_0329_convert_20120713030448.jpg
テニスボールを拾うのに便利な棒。腰が痛くならなくて良いです
IMG_0328_convert_20120713025648.jpg
屋外テニスコート2面とジムがあります。

ブラジル入国30日以内に外国人登録をしなければいけません。パスポート、書類、写真4x3 2枚必要。写真が無かったので、町の写真屋さんで撮ってもらいました。6枚セット8レアル。日本より安いです。
DSCN0339_convert_20120713024404.jpg
20分待っていたら出来ました。

ランチはショッピングセンター内の中華にしました。
DSCN0343_convert_20120713024230.jpg
寿司はチョットご飯を強く握り過ぎ

これを寿司と言って欲しくないな〜。
ブラジルはバイキング形式が多く、皿に好きなだけ載せて重さで値段が決まる ポルキロ と言うのが一般的です。DSCN0344_convert_20120713023938.jpg
ブラジル料理のポルキロはとても美味しいですよ!





サンパウロ

DSCN0328_convert_20120722033140.jpg
週末、車で3時間ほどのサンパウロへ買い出しにいってきました。
ちょうど七夕祭りをしていて」まるで日本にいるかのようでした。resendeではなかなか見つからない豚ばら、豚ロースの薄切りを購入しました。
ランチは、ラーメン、餃子。夜は焼鳥屋と久しぶりの日本食に大満足の一日でした  
DSCN0336_convert_20120722034551.jpg

resendeについて

こちらに来て20日程経ちました。resendeの町について感じた事を書いてみます。人口10万人程の町で、風光明媚な穏やかな所です。今の季節は、朝はセーターを着て日中はTシャツという一日の寒暖差が大きい季節です。湿気は無く、昼間暑くても日陰に居れば心地良く感じます。こじんまりした町なので徒歩で殆ど回れます。スーパーマーケットは8時から開店しています。日本食を売っている店が 「Nikkey」(日系人の経営する果物屋)と「Royal」(大型スーパー2軒あります) あります。味噌、醤油、豆腐、納豆、本だし、蕎麦、海苔、沢庵、みりん、煎餅、わさびなど揃っています!日曜日は殆どの店はしまっています。勿論レストランも日曜日夕食を外食でというのは難しいです。レストランは、バイキングで量り売りが多いです。サラダ、肉、魚、豆料理、デザート、どれもとても美味しいです。バイキングは1000円弱で十分です。
DSCN0233_convert_20120722033908.jpg
プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。