スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Rubaiyat Rio」

リオデジャネイロ市内のレストランをご紹介します。

リオデジャネイロの競馬場「Hipodromo da Gavea (ガベア競馬場)」に隣接するステーキレストランです

DSCN8062_convert_20151022172308.jpg


DSCN8064_convert_20151022172506.jpg
広い店内、屋内とテラス席がありますが、圧倒的にテラス席が人気なので、そこから席は埋まっていきます。
レストランに入った時、まだ外は明るかったのですが、つるべ落としの如くあっという間に空は夕闇に染まっていきました。

私達3人、飲物・前菜2品のオーダーの後はメインのステーキです。
ボーイさんが見本を持ってきて、ひとつひとつの部位の説明してくれます。
見本を見ているだけでも、満足してしまうくらい立派な肉です。
DSCN8063_convert_20151022172358.jpg
ピッカーニャとフィレミニョンを今回は頼んでみました。焼き加減はいつもの「ao ponto (ミディアム)」で。
付け合せ用にサイドメニューが色々あったのですが、私達はアスパラガスソテーにしました。
見た目肉は思ったより少なめの量でしたが、食べてみて丁度良い加減にお腹に収まりました。
最後はコーヒーを飲みながら、食事の雰囲気の余韻を楽しみました。


すぐ横は競馬場ですから、レース開催時間であれば食事をしながら颯爽と走る競走馬を見ることができます。
この度は残念ながらレースのない日でした。夜の競馬場は、コースに設置されてある少しばかりのライトがほんのりと脚元の芝を照らすばかりで、少し寂しげ…… 馬、見たかった〜
週に何回かレースが行われるので、いらっしゃる時は前もって調べていくと良いと思います。
左側のテラス席から上を見上げるとコルコバードの丘のキリスト像を見ることが出来ます。ですから反対に、コルコバードの丘に登って下を見ると、この競馬場をクッキリと見ることが出来ますよ。

レストラン自体ももちろんとてもお洒落ですが、また競馬場に隣接しているというのも素敵です

ただひとつ注意点。蚊が多くて、ボーイさんに虫除けを借りて足元にシューシューとスプレーしなくてはいけませんでした。(10月下旬でした)


「Rubaiyat Rio」
Rua Jardim Botanico, 971 Rio de Janeiro
(21)3204-9999

リオの観光に行った際に、是非是非お立ち寄りください。






スポンサーサイト

レストラン 「茂」

Resendeにある日本食レストラン「茂」へ行ってきました

DSCN8055_convert_20151020091659.jpg
日系人オーナーのPauloさんは、大変仕事熱心な方で、日々メニューを工夫してくださっています。


カレーライス各種・寿司・カツ丼などの丼物・焼き魚定食などの定食・餃子・おにぎり……
DSCN8056_convert_20151020092016.jpg
バラエティに富んだラインナップは、とても一軒のレストランとは思えないほどです!



サラダバーがありますが、私はここのナスの味付けが大好きです。
DSCN8058_convert_20151020092212.jpg


店内は、照明や雰囲気が和風で、まるで日本にいるかの様です。
DSCN8057_convert_20151020092115.jpg
ブラジル人は、お寿司はもとより、カレーをお好みの方も多い様です。



Resendeの単身者はもちろん、妻帯者も日本食が恋しくなったら、レストラン「茂」を利用しています。
やっぱり日本人には、毎日の食事は和食が落ち着きますね。

ここのレストランは、日本の家庭の味をキチンと出してくださっているので、ホッと出来るひとときを過ごせます。
Resendeに住んでいらっしゃる方、出張でいらっしゃる方は、是非是非食べにいらしてください



MADERO (ハンバーガー屋さん)

最近、Resendeから車で1時間くらいの場所に、新しいハンバーガー屋さんがオープンしました。
いつもプレイするゴルフ場の近くです。

その名も、「MADERO The best burger in the world」
" 英語で書いてあってブラジル人は意味、分かる? " などと茶々を入れたくなります。

DSCN0574_convert_20151005204141.jpg
外観がコンテナ型の、斬新なハンバーガー屋さんです。
「世界で一番」というこの自信が、すごいですね〜。「これは一度は入らなくては!」という気にさせます。


ブラジルのクリチバから始まった「MADERO」は、今やブラジル国内だけで無く海外 にも支店を出しています。

一階にはテラス席と注文カウンター。2階はテーブル席が広く並んでいます。
DSCN0576_convert_20151005204503.jpg

DSCN0582_convert_20151005204221.jpg
2階の様子。アメリカをイメージしたようで、「route 66」や英語のパネルが壁に飾ってあります。

注文すると、このような呼出器具を渡され席で待ちように言われます。
DSCN0579_convert_20151005204422.jpg
おー、何だか面白い! おしゃべりしながらもたまにこの器械をチラチラ見ながら、ハンバーガーの出来上がるのを待ちます。


そして、ハンバーガーが出来上がると、ピカピカ赤いランプが点滅して、知らせてくれます。
DSCN0580_convert_20151005204339.jpg
音はしないものの、かなり派手にグルグル光るので、見逃すことはありません。
カウンターに取りに行きます。ケチャップやマスタードはこの時店員に貰います。


ジャーン!!
DSCN0581_convert_20151005204301.jpg
一番オススメの、「チーズベーコンMADERO」(180g)です。
飲物・ポテトのセットで、R$34でした。
ダブルサイズは、このパテが2枚挟んである360gです。かなりのボリュームで男性でも「胸焼けしたー」「苦しいー」とかなりハードな量だそうですよ。
私は、130gのjuniorというサイズだったので丁度いい感じのボリュームでした。
肉も良い味出していますし、バンズは少しカリカリした感じでそれもなかなかアクセントになっています。
レタスとトマト挟んであって、かなり美味しいランチにありつけました


場所は,高速道路「Dutra」をResendeからサンパウロ方面1時間弱左側、自由の女神像「HAVAN」のすぐ横です。
もし、そちら方面についでがあれば立ち寄って、「世界で一番」のバーガーを食べてみてはいかがでしょうか?



「mafiosa」

Resende市内、パライバ川沿のパスタのお店の紹介です。

DSCN0374_convert_20150911201314.jpg

DSCN0375_convert_20150911201400.jpg


注文の仕方は、注文の紙とボールペンを借り、メニューを見ながら各自チェックしていくというものです。
DSCN0377_convert_20150911201148.jpg
自分の名前・パスタの種類・ソース・サイドディッシュの有無・飲物の項目があります。初めてだと少々分かりづらいかもしれません。
書き込んだ注文票を店の人に渡します。自分の料理が出来上がったら名前を呼ばれて取りに行きます。

パスタはペンネ。好みの具(8種類まで入れられますが、今回は4種にチェックしました。)を入れて、オリーブオイルとニンニクの味付けで注文してみました。
DSCN0378_convert_20150911201101.jpg
粉チーズは手前のビニル袋に入っています。

DSCN0376_convert_20150911201229.jpg


なかなかのボリュームで、かなりお腹いっぱいになりました。
炭酸水を頼んで、しめてR$18.40。

あらたまって行くというより、ふらっと気軽に立ち寄れるパスタのレストランです。

「Sabor da Truta」

久し振りにお友達3人、Penedo でランチをしました。

店の前に大きなTruta(鱒)が飛び跳ねているレストラン、「Sabor da Truta」です。

DSCN0211_convert_20150722194258.jpg
以前は違う名前のレストランでした。その建屋をそのまま使用している比較的新しいお店です。


DSCN0217_convert_20150722194438.jpg


左がバターソースのtruta (鱒)・ポテト・ご飯、右は牛肉とリゾット・ポテト添。
DSCN0215_convert_20150722194348.jpg
trutaの店だけあって、メニューも多くありました。truta はこのように開きの状態で出てくることが多いです。
Penedo 界隈は、小さな清流が多く鱒の養殖が盛んなので、truta のレストランが沢山あります。ここに住んでいると鱒が日常的な食べ物に感じてしまいますが、リオやサンパウロなどではなかなか鱒料理は御目にかかれないでしょう。日本でも、私は鱒料理は塩焼き程度しか(それも数回程度)口にしたことがありませんでした。
ほんのりピンク色の癖のない優しい味のtruta は、上にかけるソースを変えるとバリエーション豊富な料理に変身します。バターソース・ケイパー入ソース・アーモンドソース・ニンニクソース……などなど色々楽しめます。
レストランは、Penedo のメイン通りに面しているので大変分かりやすいです。


ランチの後、Penedo で少しブラブラ。
蘭の店に入ってみました。
「Loja de Orquideas」
DSCN0219_convert_20150722194542.jpg

DSCN0220_convert_20150722194630.jpg
小さな店内ですが、蘭の鉢植がズラリと並んでいます。蘭の種類って随分あるんですね!色形がユニークで、また花の大きさも様々。ゴージャスな胡蝶蘭やカトレアはお馴染みですが、可憐なさり気ない蘭も数多くありました。
暫し蘭鑑賞で癒された後、喫茶店へ。


「Pergola Cafe Gourmet」
DSCN0222_convert_20150722194714.jpg
チョコやケーキ、サンドイッチなど小腹が空いた時に重宝する喫茶店です。
濃茶の木製テラスに並べられた席で、私はホットココアを注文。友人は紅茶をオーダー。紅茶は、店の人がティーバッグの入った木箱を持ってきて、「お好きな味を選んでください。」と蓋を開けてくれます。ルイボスティーとイングリッシュブレックファーストを選んだ2人。暫くすると、お湯の入った器とカップを運んで来ます。自分でカップにお湯とティーバッグをポチャポチャ浸して飲むという方式。家で気軽に飲むのとなんら変わらない感じです。日本だったらちゃんと茶葉の紅茶を容器に入れ、紅茶葉が湯の中で踊りながら開いていくのを眺められるのですが、こちらは味気ないこの方式が普通です。(都会のサンパウロはどうでしょうか?)
以前チリに行った時も、レストランでコーヒーを頼んだら、コーヒーカップの中にお湯だけ入っているのをテーブルに置かれて目を丸くしてしまいました。ソーサーに細長い小袋に入ったインスタントコーヒーが添えてあって、それを自分でサラサラとカップに入れてかき混ぜるという代物。「こんな物をお店で堂々と出すのね〜」と驚いたことを思い出します。

メイン通りの道行く人を眺めたり、3人取り留めのないお喋りを充分しちょっと寒さを感じ始めた夕方、Resende へと帰りました。気の置けない時間はあっという間に過ぎていきます。

ポルトガル語でこんな長い時間、何気ない会話が出来るくらいになったらいいんですけどね!
プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。