スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Resende 近況

W杯が終わり、Resende にはいつもと変わらない日常生活が戻ってきました。
ブラジルが準決勝へ行くまでは、ここResende も盛り上がっていて、ブラジル戦のある日は皆のソワソワした空気が感じられました。私も試合が始まるまでなんとなく落ち着かなかったです。

DSCN7318_convert_20140721230355.jpg
DSCN7319_convert_20140721230508.jpg
DSCN7321_convert_20140721230614.jpg
DSCN7323_convert_20140721230714.jpg
露店が何軒か道端に臨時開店しブラジル国旗をはためかし、道を歩く人はユニフォーム姿の人が多く闊歩していました。まるで街全体が黄色と緑で彩られているようでした。自家用車の応援グッズや色々なアイデア商品いっぱいで、多いに楽しませてもらいました。


今はすっかり平常に戻ったResende です。
DSCN7473_convert_20140721230222.jpg
DSCN7475_convert_20140721225825.jpg

ちょうどブラジル開催時に駐在して、現地でW杯を体験出来たことはとても幸運でした。いつの間にか、にわかサッカーファンになっていました。ブラジル人のサッカーへの熱気を肌で感じることが出来たからでしょうか。
1ヶ月近く行われた一大イベントも終わり、少し気が抜けてしまった気持ちです。
開幕前は、無事にW杯が開催されるのかと懸念材料満載で随分心配しましたが、順調に閉幕まで辿り着いてホッとしました。
またいつもの生活が始まります。

DSCN7476_convert_20140721225923.jpg







スポンサーサイト

2014W杯決勝戦②

試合前、優勝杯がしずしずとグランドに現れて、観客の前にお披露目です。
今日 あと数時間後、この優勝トロフィーを手にするのはどちらの国になるのでしょうか。

DSCN7436_convert_20140721213604.jpg




DSCN7442_convert_20140716111021.jpg
試合は、決勝戦に相応しいどちらもゴールを譲らない一進一退の展開となりました。シミュレーションが無く途中で試合の中断することがほとんど無いので見ていて速い流れの迫力ある試合です。
ドイツがもう少し有利に試合を進めるかと私は思っていたのですが、ここまで激闘を勝ち残って来たアルゼンチンも流石です。ドイツにもアルゼンチンにも惜しいシュートが数本あり、どちらが勝つか勝負の行方はわからなくなりました。
延長戦に入り、よもやPKで決着が着くW杯になってしまうのか…と心配になって来ました。

DSCN7435_convert_20140721214153.jpg
DSCN7434_convert_20140721214325.jpg



ドイツのゴールの瞬間です!
DSCN7443_convert_20140721220043.jpg
延長後半、ドイツの攻撃で途中出場のゲッツェが鮮やかなシュートを決め、ついに均衡が破られました。

残り少ない時間アルゼンチンは懸命に攻め込んで行きます。
が、最後のチャンス、メッシのFKがゴールを大きく外れ、間もなく試合終了のホイッスル。

ドイツが、長い戦いを制して24年ぶり4回目の栄冠を勝ち取ることが出来ました。優勝、おめでとう
W杯を予選から見ていて、優勝することがどんなに大変なことか、また選手の喜びようを見てどんなに優勝が歓喜に震えることか、少し理解したように思いました。
アルゼンチンはあと一歩残念でしたが、皆が健闘を讃えていると思います。


DSCN7454_convert_20140716110649.jpg
華やかな花火が空に大輪を咲かせましたが、スタンドの中にいると屋根に隠れてあまり見えませんでした。後でテレビで見たら、何発もの花火が打ち上がっていて綺麗至極。音のみの鑑賞に終わりました。


会場を出ると各国のテレビ局の人がインタビューをしていました。
DSCN7457_convert_20140716111118.jpg
DSCN7459_convert_20140716111214.jpg


DSCN7461_convert_20140721222453.jpg
帰り道も警官隊が列をなしていて、その横を静かに興奮冷めやらずの観客が帰途についていきます。

試合前、「チケット、分けて下さ〜い!」という方を見かけましたが、試合終了後も「チケット分けて下さ〜い!コレクションにしたいので〜!」という人も何人かいました。なるほど。

DSCN7464_convert_20140716110924.jpg
皆さん、W杯の余韻を楽しんでいるようでした。






2014W杯決勝戦①

W杯の決勝戦が7月13日、リオのマラカナンスタジアムで行われました。

欧州ドイツと南米アルゼンチンの対決となりましたが、ブラジル国民としてはこの場に自国チームの代表が居ないことが何より残念だったことと思います。寂しいことにブラジル代表は結局、このマラカナンスタジアムで試合をすることは出来ずに、W杯を終えてしまいました。準決勝で負けた時点でブラジル人にとってのW杯は終わってしまったのかもしれません。


DSCN7404_convert_20140716105603.jpg
スタジアムへの道は、警察官が列をなして待機しています。ここはまだスタジアムの大分外ですが、今迄で一番の厳戒態勢です。スタジアムの周りはかなりの範囲で通行止めとなっていて、車を降りてから延々と歩くことになります。周りを見たところ、アルゼンチンの応援の方が多いようです。アルゼンチンは地理的にブラジルに近いですからね。

DSCN7409_convert_20140716105811.jpg
チケットを見せて内部へ入ってからも、警察官にチケットのチェックを受けます。5回くらいこのような関所を通り、ようやくスタジアムの近くに辿り着きました。

DSCN7413_convert_20140716111339.jpg


DSCN7414_convert_20140716110021.jpg
軍隊も警備に当たっています。


DSCN7411_convert_20140716105911.jpg


ブラジル人は、私の周りでは「アルゼンチンには優勝してほしくない。ドイツを応援するよ!」という人が多かったようです。お隣の国同士はやはりなかなか難しい関係になるのでしょうか?
でも、中には、「やっぱり南米にチームを勝たせたいね。アルゼンチンを応援するよ!」という人もいて、ブラジル人の中でもそれぞれの考えがあるようです。
DSCN7406_convert_20140716105702.jpg
途中、こんなプラカードを持ったブラジル・アルゼンチンの一団がいました。
「アルゼンチンはブラジルの兄弟であり友人だー!」とあります。

私個人的には、メッシのいるアルゼンチンに勝ってほしいという思いがありましたが、今までの試合をみているとドイツの方が強そうな感じがしています。


場内では試合が始まる前から、ブラジル人とアルゼンチン人の応酬が繰り広げられています。
DSCN7428_convert_20140716110347.jpg
替え歌や掛け声があるらしく、それを歌って相手を挑発したり、またその光景を遠巻きに眺めている人もいたり。
なんだかサッカーが始まる前からすごい喧騒となっています。

でもよく見ると、ドイツの応援の人とアルゼンチンの応援の人が仲良くお喋りしている姿も見受けられ、かなりホッとしました。
DSCN7424_convert_20140716110221.jpg

DSCN7427_convert_20140716110120.jpg


試合の始まる前に、コカコーラの限定カップを買おうと随分並びましたが受け取ったカップは通常の物!聞いたらもう在庫がなくなっしまったのよ〜!と悲しいお言葉 もっと早くに買っておけば良かった。

いよいよこれから決勝戦始まります







W杯 マラカナンスタジアム

決勝トーナメント一回戦、コロンビアvsウルグアイの試合をリオのマラカナンスタジアムで観戦しました。

日本代表は残念ながら予選突破なりませんでしたが、まだまだワールドカップは目が離せません。予選通過した代表チームは流石に強豪国が揃っています。負けたら即脱落するトーナメントは、まさに選手の気迫に凄みを感じます。
日本と同じCグループ1位通過のコロンビアがどんな戦いをするのか、楽しみにリオへ向かいました。


DSCN7276_convert_20140703202955.jpg
会場周辺の厳戒態勢の警備。スタジアムの周辺道路は封鎖され、車両通行止めになっています。タクシーを降り、立ち塞がる警官にチケットを見せます。そこで初めて、スタジアムの外側の道路に踏み込むことが出来ます。チケットを持たない、試合観戦に関係無い人は一切居ないという状態の周辺です。それでも、スタジアムのいたる所に警官が立っていて、「絶対スタジアム内では何も起こさせないぞ。」という意気込みが感じられました。世界中が見ている大イベントですので、国家の威信にかけて万全の体制をとっています。

とは言うものの、もう既に観客はお祭りモードで盛り上がっています!
DSCN7278_convert_20140703203132.jpg

DSCN7279_convert_20140703204122.jpg
スタジアム周辺、黄色のコロンビアユニフォームの方が目立ちます。ブラジル人も自国の黄色のユニフォームを着ているから、黄色だらけです。ウルグアイの水色のシャツの人はかなり少数派です。

DSCN7286_convert_20140703203232.jpg
ブラジルサッカーの聖地マラカナンスタジアム。
ここでは、W杯最終日、決勝戦が行われますが、勝利の女神は一体どこのチームに微笑のでしょうか?

DSCN7294_convert_20140703204016.jpg
場内、やっぱり黄色が多いですね〜。


DSCN7288_convert_20140703203704.jpg
オフィシャルスポンサーのコカコーラ、バドワイザーなどのブースがあって、試合開始前から楽しめます



この日は1時から、ブラジルvsチリの試合が行われていました。早目に現地に到着したので、スタジアム内でブラジル戦を観戦しました。ブラジル戦は、延長戦の末PK戦までもつれ込み、最後の最後まで手に汗握る試合展開でした。結局ブラジルが勝利し、ブラジルの皆さん安堵の表情でモニターの前を離れて行きました。

5時からのコロンビア・ウルグアイ戦は、もう1時間もしないうちに開始です。

DSCN7295_convert_20140703203546.jpg
南米対決となったこの一戦。ほとんど満席のスタジアムの中、ウルグアイはFWルイス・スアレス選手を噛みつきの処分の為出場出来ず、苦しい展開。コロンビア優位に試合が運ばれ、ハメス・ロドリゲス選手の2ゴールでコロンビア快勝。

それにしてもコロンビア人、もう試合の始まる前からすごい興奮状態で、そのまま2時間試合終了までそのエネルギーは収まることを知りませんでした。選手もすごいが、応援団のパワーも凄過ぎです!


DSCN7299_convert_20140703203347.jpg
決勝トーナメント一回戦のコーラのコップは、「OITAVA」(準々決勝の前)と試合会場・日にちが印字されています。帰りには、このコーラのコップやビールのコップをお土産用にいっぱい抱えている人もいました。


一日5時間、じっくりのサッカー観戦で、十分楽しかったもののぐったりしながらResendeに辿り着きました。

サッカーミュージアム

サンパウロに本拠地を持つ「コリンチャンス」のパカエンブースタジアムには、併設されたサッカー博物館があります。ちょうどW杯のさなか、世界中の観光客で平日にも関わらずかなり混雑していました。

DSCN7222_convert_20140623032027.jpg
入場料大人R$6のチケットを買って入場します。

DSCN7218_convert_20140623031918.jpg
サッカー関連のポスターや、歴代W杯の名場面が写真や音声で楽しめます。また、体験コーナーでは、映像のゴールに向かって蹴り自分のボールスピードを測れることもあって、行列が出来ていました。

DSCN7221_convert_20140623032253.jpg
実際のスタジアムも見学出来、このブラジルW杯で盛り上がっている時期に行くと更に高揚感が増すような気がします。



サンパウロのパウリスタ大通りの公衆電話もW杯を応援しているようでした。
DSCN7228_convert_20140623032137.jpg
絶対写真に撮りたくなるような面白いデザインですね〜


プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。