スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースター島⑤

今日、帰りのフライトが午後だったので、近郊のワイナリーを見学することにしました。

我が家はワインをほとんど飲まないので、ワインについて産地も味も全く知識がありません。しかし午前中のちょうど良いツアーがあるというので、ホテルから一時間で行けるワイナリーへ足を運びました。
平日で道は渋滞していましたが、なんとか予定していたコースの時間に間に合いました。

「Concha y Toro」
サンチアゴから近く、定番のワイナリーです。スペイン語と英語のガイドツアーがあり、英語のコースで申し込みました。私達のグループは5人でした。

DSCN6441_convert_20140430230005.jpg
サンチアゴは秋の風情で、樹木が黄金色に変わっています。ワイナリーの入り口はとても立派です。

DSCN6447_convert_20140430230150.jpg
広大な敷地に何種類ものぶどうが植えられています。見渡す限りのぶどう畑です。

DSCN6450_convert_20140430230304.jpg
ぶどうの収穫は3月に終わってしまっているので、ぶどうは見られないのかと思っていましたが、ツアー用に一部残してあり、味見をすることが出来ます。思ったよりずっと甘くてびっくりしました。

DSCN6467_convert_20140430230417.jpg
熟成を待つワイン達は、早く皆の美味しそうな顔を見たいなあと樽の中で静かに休んでいます

DSCN6472_convert_20140430230512.jpg
ツアーには、白ワインと2種類の赤ワインのテイスティングが出来ます。そして、お土産にワイナリーの名前入のワイングラスを貰えます。

一時間のツアーを終え、ホテルに預けた荷物をピックアップして、空港へ急ぎました。

ちょっとオマケの最終日をサンチアゴで過ごして、5日間のイースター休暇はこれでおしまいです。
出来ればイースター島では、もう少しゆっくり滞在したかったです。

楽しい時間はあっという間に終わってしまいます
スポンサーサイト

イースター島④

朝、時間通り飛行機が出るという連絡を受けホッとしました。

空港へ行く途中日本へのハガキを出すために、島の郵便局へ寄りました。
昨夜書いた絵葉書を出そうと、窓口の列に並びました。私の前の夫人が受付の女性に何やら不平を言っています。どうやら切手が品切れで、何か番号と送付先の国名の印刷されている味気の無い白いシールしか今は無いそうです。折角遠い所からハガキを出すのに、現地の切手が在庫切れとはすっごく残念です!!仕方なく私もそのつまらないシールをハガキに貼って投函しました 世界遺産の観光地なんですから、切手は充分在庫を持っていて欲しかったな。価値半減の気分です。
ここで、 モアイのスタンプを無料で押してもらえます。


早目に空港に着き、空港の幾つかの土産物屋を物色して、モアイの置物を一つ購入しました。

空港にはだんだん人が増えてきましたが、多くの人が私達もホテルのチェックアウトでもらった貝のネックレスとガイドさんから別れ際に渡された木製モアイのネックレスをしています。

DSCN6481_convert_20140430114823.jpg
島のホテルと旅行会社が、このようなプレゼントをする事になっているのかな。思いがけず嬉しいお土産が頂けました。



DSCN6431_convert_20140430114217.jpg
来た時は暗くて気付かなかったのですが、ここにもモアイが建っていました。
私達の乗る飛行機はサンチアゴからのお客さんををイースター島で降ろして、その後再び、帰る観光客を乗せてサンチアゴへ戻ります。今飛行機を降りた人達は、これからのイースター島での滞在にワクワクしていることでしょう。到着した飛行機を待つガイドさんもまた、先日の私達の時と同じように、フラワーレイを持って、自分のお客さんを探しています。つい数日前の事なのに、随分時間が経ったように思いました。イースター島、さようなら〜


イースター島で泊まったホテル
「Hotel Altiplanico」
DSCN6309_convert_20140430113757.jpg
各ベッドに洒落た蚊帳が付いていました。この時期ほとんど蚊は気になりませんでしたが、懐かしく蚊帳の中で寝たりしてみました。室内も広くゆったりしています。テレビ・冷蔵庫はありません。

DSCN6244_convert_20140430113633.jpg
中心地から少し離れています。マンゴーのウエルカムジュースがキンキンに冷えていて美味しかったです。朝食はあまり種類は有りませんでしたが、デザートはしっかりありました。夕食のビュッフェは U$50です。

DSCN6308_convert_20140430113942.jpg
各部屋コテージタイプで、シャワー室の横に別室で洗濯干し場がありました。各コテージ外にリクライニングの椅子があって、夜空の星を眺めるのに重宝しました。コテージの目のような模様が面白いです。




5時間のフライトの後、サンチアゴに到着!
フライト時間の関係で、サンチアゴに一泊です。新市街地の「マリオット」が今夜の宿です。高いビルが多いこの地区は、大型ホテルやモールもある都会です。
チェックインの後、またまた海鮮の夕食を食べにタクシーでレストランへ行きました。

「Puerto Marisko」
DSCN6436_convert_20140430114336.jpg

DSCN6437_convert_20140430114443.jpg
平日だったせいか空いていて、すぐ席に案内されました。高級感のある店内で接客の人も親切でした。
この辺り一帯、レストランが並んでいる所です。

明日はブラジルへ戻る日です

イースター島③ - 2

ピクニック広場のような施設でケータリングランチを済ませた後は、光のヘソと呼ばれるパワースポットへ行きました。

「テ・ピト・クラ」

DSCN6412_convert_20140428031128.jpg
海に面したこの場所には倒れている大きなモアイ像もあるのですが、ここに来る人は、このまん丸の石をお目当てに来る人が殆どでしょう。
他の島から持ち込まれた石だという説もあるこの石には、磁力があって、ガイドさん持参の方位磁針がくるりと回って方角が定まらない箇所があります。パワースポットと言われる所以でしょうか。不可思議なパワーを持っているらしいこの石にしっかり触れて、力を溜めて来ました


最後の訪問場所は、ビーチです。
「アナケナビーチ」

DSCN6416_convert_20140428031418.jpg
イースター島は島なので、周りはぐるりと海に囲まれているのですが、岩場が多く、海水浴出来るようなビーチは思ったより少なかったです。数少ないこのビーチは穏やかな入江になっていて、タヒチから運ばれたというヤシの木が素敵に南国ムードを演出しています。
ビーチへの入り口には、何軒かランチを提供する店が店先でバーベキューをして、美味しい匂いでお客さんを呼び込んでいます。
本当に自然のままのビーチで、着替える場所も無いし、勿論真水の出るシャワーも無い、そのまんまの砂浜です。それでも若い人から家族連れまで、結構賑わっていました。


このビーチにも、モアイ像は建っています。ここのモアイは、頭に復元したプカオを載せていてちょっと重そうです。

DSCN6423_convert_20140428031539.jpg




これで、今回私達の予定していた観光は全て終わりました。
ホテルに戻ると夕方5時近くになっていました。
今日は雲が昨日より出ていて、夕焼けはイマイチそうでしたが、再度ホテルから歩いてタハイ儀式村の夕日を見に行くことにしました。

DSC_0056_convert_20140428031817.jpg

DSC_0047_convert_20140428031651.jpg
雲が多く、水平線に沈む太陽は雲に隠れてしまいました。しかも途中から雨が降り出しました〜




イースター島で日本食レストランというと「甲太郎」が有名です。日本で修行した日本料理を、フランシスコ・ザビエルさんというチリ人のオーナーが提供しているなかなか美味しいと評判のお店です。滞在中、一度来店したいと思っていたのですが、今日はあいにくとお休みでした。日曜日で、他のレストランも休みの所が多いので、今晩は泊まっているホテルでビュッフェの夕食を食べることにしました。


ホテルに戻ると、 ポリネシアン(?)っぽい音楽が流れてきています。
ホテルのレストランでは、宿泊者の人が音楽を聴きながらの夕食を既に始めていていました。私達が食べ始めて暫らくすると今度は、若い女性ダンサーが音楽に合わせ踊りを披露して楽しませてくれました。

DSC_0061_convert_20140428031923.jpg



明日は午後2時のフライトなのですが、「飛行機が時間通り来るかまだわからないので、明日の朝ホテルに連絡して迎えに来ます。」と別れ際にガイドさん。天候に左右されやすいイースター島のフライトは、日常茶飯事に変更があるらしいので、ドキドキものです。私達は明日サンチアゴで一泊しますが、乗継ぎ便がある場合の飛行機の遅れは本当に困ります。

はるか日本へ、イースター島の絵葉書をしたためながら、イースター島最後の晩を過ごしました。








イースター島③ - 1

相変わらず夜明けの遅いイースター島ですが、出発時間の9時には明るい日差しも出て来ました。
今日は、島の北部海岸の観光です。

島には信号が無く、島の中心部の交差点では左右よく見て通過します。が、車の往来は少ないので危なかったり不便に思うこともありませんでした。
今日これから観光する北部の方へ、空港を右手に通り過ぎた後は、車は緩やかなカーブを爽快に走って行きます。車窓から朝の風が入って来て、そしてガイドさんは 以前島でテレビ放映していたという "子連れ狼 "(!)の話を片言の日本語を交えて熱心に話してくれます。「島の人はみんなこの番組を見ていたよ!」
私は " 子連れ狼" を見たことが無いので……ガイドさんの方が日本通かしら?(笑)

途中、牛や馬が我が物顔に道を塞いでいます。車が来てクラクションを軽く鳴らしても素知らぬ顔で、のそりのそりと4,5頭で歩いています。車の方が彼らを除けながら前に進んでいきます。本当にのんびりした光景です
若草色の丘陵地帯が海岸線へと続き、その中をただ一本の車道が走っています。分かれ道に時たま、矢印で地名が示してある札が立っています。


「ラノ・ララク」

DSCN6383_convert_20140428030343.jpg
緑の小山の斜面に、半分土に埋まったモアイが点在しています。
ここは、山丸ごとモアイ製造工場跡の 「ラノ・ララク」です。
島のモアイは、全てここの山から切り出され島の各地へ運ばれました。
山の側面の岩盤には、これから切り出そうとしている巨大なモアイの顔が窮屈そうに張り付いています。

DSCN6364_convert_20140428032301.jpg
色々な角度で傾いていたり、寝転んだり……ここのまだ未完成のモアイ。キチンと整列しているモアイ像より、私には興味深く思えました。途中で製造を投げ出されたここのモアイ達は、気持ちのやり場に困っているように私には見えました。

DSCN6377_convert_20140428030531.jpg
これは正座をしているモアイ像。チョコンと座っているのでモアイの足の裏が見える! なんとも可愛い姿です。

順路に従ってこの公園内を歩くのですが、暑い中かなりの距離で、途中で何人かの訪問者は呼吸を整えながら小休止しています。小山を登り切ると 裏側に火山湖が現れます。

DSCN6384_convert_20140430071437.jpg


高台のラノ・ララクから海側方面に目を向けると、15体のモアイ像の並んだ「アフ・トンガリキ」を小さく見ることができます。



「アフ・トンガリキ」

DSCN6392_convert_20140430071645.jpg
島で一番多くのモアイ像が建っている「アフ・トンガリキ」です。ちょうど朝日が上る方角なので、朝日を背に撮影スポットとして人気の場所です。ホテルのある島の中心地からは離れているので、車で、早起きをして見に来ることになります。私達は、足がなかったので朝日のモアイを拝むことは出来ませんでした。

15体のモアイ像は、背の高さも顔の輪郭・表情も皆違って、どれも個性があります。
日本の四国のクレーン会社「タダノ」がクレーンの提供と多額の寄付をして、倒れていたモアイ像の修復にあたり、現在の姿があるということです。入口の所には、記念のプレートが遠慮がちに設置してあり説明が書いてあります。
誰もいないモアイ像の前で、独り占めの撮影も出来ました。向かって左側斜めから、モアイと同じような角度で直立不動の姿勢で立つと、16体目のモアイのように自分を写真に撮ることが出来ます!

イースター島② - 2

今日の最後の観光スポットは
「タハイ儀式村」

DSCN6299_convert_20140427013923.jpg

DSCN6297_convert_20140427014207.jpg
このモアイ像のしっかりパッチリ目は、残念ながらイミテーション。当時のモアイ像はこのようなはっきりした目が入っていて力強く島を見つめていたのでしょうか?

DSCN6303_convert_20140427014040.jpg
ここでは、住居跡・鶏小屋などが残っていますが、何と言っても夕陽を背に美しくモアイ像を見ることが出来る所として有名です。ホテルから歩いて行ける場所なので、また、夕刻に訪れたいと思います。



今日のツアーはこれでおしまい。ホテルへ一旦戻り数時間の休憩タイム。お昼寝も兼ねて身体を休めました。



6時頃、ホテルをプラプラ海に向かって出かけました。舗装のされていない車一台やっと通れる道幅の道を黙々と歩いて行きます。15分くらいで海岸線に出て、そこからタハイまで右手に柔かい 海風を感じながら向かいました。草むらの中には時たま溶岩が転がっていたりするので足元に気を付けてノンビリ散策して行きます。
島の敷地の境界や外塀は溶岩をただ積んだ物ですが、溶岩は大きい物から小さな物まで実に上手く組み合わせてあります。でも載せてあるだけなので手でヒョイと簡単に持ち上げて取ることができます。

DSCN6321_convert_20140427014349.jpg
もうすぐタハイのモアイに着くという岸壁の所で、何やら撮影会をしています。
聞くと、彼らは結婚式をイースター島の様式で行っていたようです。思わぬ所で、島の結婚の様子を見られて興味深かったです。身体には曲線の模様が描かれて、頭には羽の髪飾り。" 写真、どうぞ撮って下さい!" とポーズを撮ってくれたカップルはとても幸せそうな笑顔を私達に向けてくれました。



IMG_0802_convert_20140427014616.jpg
だんだんと日が落ちて行くにつれて、夕陽を見学に来る観光客も増えてきました。カメラを持ってかなり真剣に撮影をしようとする人、ボンヤリと夕陽に沈むモアイを見ようと思っている人、犬の散歩がてら来た人など、それぞれのスタイルで日が暮れるのを待っています。


DSCN6329_convert_20140428023110.jpg

DSCN6333_convert_20140428023230.jpg
この日は割と良い天気だったので、夕陽の綺麗な色合いをバックに、モアイの影がくっきりと映えました。幻想的な光景でうっとりしてしまいます。



レストラン「Te Moana」
DSCN6338_convert_20140427014908.jpg
タハイ儀式村から歩いて行ける海岸沿いのレストランです。ホテルのお勧めで今日の夕食はここに決めました。ちょうど夕陽の落ちる頃、窓越しに見る海は本当に魅惑的でしたが、この後直ぐ釣瓶落としの如く真っ暗になってしまいました
ロウソクの灯ったテーブルに、海鮮スープや盛り合わせの魚貝類などお洒落な盛り付けのプレートが出てきます。どれも魚貝類のダシが効いていて満足のいくお料理でした。


タクシーでホテルに戻り、満天の空を眺めていると時間の経つのを忘れてしまいます。周りに明かりが無いと本当に星がこんなにあったのかと思うくらいです。日本ではオリオン座は3つ並んだ星を探せば直ぐ見つかるのですが、ここでは他の星が多過ぎて少し探さなければなりませんでした。星雲も肉眼で見ることが出来、プラネタリウムのような夜空をカメラで収めようと主人、三脚を立てて試行錯誤すること暫しの時間。カメラに納得のいく写真を収めることができました。 でもやはり実際に目で見た感動の星空の再現は難しいです。


じっくり観光で歩いた一日の後、星空鑑賞で夜も更け、テレビの必要性も無くグッスリ休むことが出来ました。
明日も9時から出掛けます


プロフィール

さとぷー

Author:さとぷー
夫の赴任に伴い、ブラジルのレゼンデで暮らすことになりました専業主婦です。
これからいらっしゃる皆さんへ生活情報を送りつつ、私自身も現地での暮らしを満喫したいと思っております!
質問、疑問などありましたら遠慮なくどうぞ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。